1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. おばあちゃん犬がやってきた
  5. ありがとう、シロさん【連載】おばあちゃん犬がやってきた第93回

犬が好き

UP DATE

ありがとう、シロさん【連載】おばあちゃん犬がやってきた第93回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。2匹の猫と、1匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15歳のおばあちゃん犬を引き取り、家族として迎えました。
そんなシロさんも、とうとう立ち上がれなくなってしまって。
きっとシロさんは今日にでも、旅立つのだろうと感じました。
その日はおかーさんはシロさんから離れたくなくて、
同じお布団で横になり、シロさんの柔らかい身体を撫でながら
おかーさんには伝えなくてはならない言葉があることを思い出しました。

最後にシロさんに伝えたい言葉

それは、"ありがとう"。今まで支えてくれたシロさんに
おかーさんは感謝の気持ちでいっぱいで。
その想いをシロさんに伝えようと思ったその時。

急に涙が止まらなくなったおかーさん

今までシロさんにたくさんたくさん支えられて
感謝してるのに、"ありがとう"なんて言ってしまったら
シロさんがすぐに居なくなってしまうような気がして。
ありがとう、のたった5文字を言おうとしても
涙で言葉が詰まってしまって。

こんなときでも情けないおかーさんを支えてくれたのは

やっぱり、シロさんなんですよね。
生暖かい息が顔をかすめ、ふとシロさんのお顔を見つめると
ゆっくりと瞬きをしたシロさん。
その表情が驚くほど穏やかだったので、おかーさん拍子抜け。
何やってんだ、私は。
そんなシロさんから『しっかりしなさい』と言われたような気がしました。
これじゃどっちがおかーさんかわからないね。
泣く時間があるならシロさんの今を、
たくましく生きる姿を目に焼きつけようと思いました。
そうしているうちに、言葉は必要なかったんだと気付きました。

言葉なんて必要ないね

シロさんの耳に入るのはきっと"言葉"ではなく"声"なんだと思いました。
だからね、おかーさんはね。
あなたの名前を繰り返し呼んだ。
この3年間、ご飯のときも、いたずらしたときも、ただいまのときも
毎日欠かさず呼んでいたおかーさんの大好きなあなたの名前を。

シロさん

シロさん

シロさん

大好きだよ。シロさん。

ありがとう。シロさん。

浅くなっていく呼吸に合わせて、名前を呼び続けていると
自然とおかーさんの涙は止まっていました。

またしても、シロさんの不思議なパワーだね。

シロさん。いつもありがとう。

ずっと、大好きだよ

暖かい秋の夜に天使になったシロさん

2020年11月2日 午前2時53分
シロさんはおかーさんの腕の中から
ゆっくりとお空へと旅立ちました。
シロさんらしい、穏やかな最期でした。
白い雑種のどこにでもいるような
おばあちゃん犬だったシロさん。
15年間もの長い期間、短い鎖で繋がれ育ったシロさん。
そんな環境下から救ってあげたつもりが、
気付けばシロさんからいろんなものをもらっていて。
救われていたのは、私達家族でした。
そして、この連載がきっかけで多くの方に愛され、
私自身も多くのことを学びました。
時として我が子のようで、
時として友人のようで
時として恋人のようで
時として母親のような存在だったシロさん。
彼女の代わりはきっと誰にも務まらない。
私にとってかけがえのない、大切な存在です。
我が子のように見守り、愛してくれた皆様。
本当に本当にありがとうございました。

天使になったんだよ

もう少しだけ、おかーさんの側にいるからね。

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い

tamtam インスタグラム

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る