1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 飼い方
  4. 暖めすぎが「愛犬の不調」の原因に? 春まで乗り切る対策方法もご紹介

犬が好き

UP DATE

暖めすぎが「愛犬の不調」の原因に? 春まで乗り切る対策方法もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日は室内を暖める暖房器具が欠かせませんが、室内の暖めすぎは犬の不調の原因になるおそれがあるので、十分な配慮が必要です。
そこで今回は、室内の暖めすぎが引き起こす、犬の不調について解説します。正しい対処法もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

室内の暖めすぎが犬にとって「キケンな理由」とは

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人と犬では体感温度に差があると考えられ、個体差はありますが、犬は26℃を超えると暑さを感じるといわれています。

そのため、愛犬が寒くないようにと部屋を暖かくしているつもりでも、飼い主さんが快適に感じる温度に設定していては、愛犬が暑いと感じている可能性が。
また、冬場は暖房に加えて加湿をすることも多いため、暑いうえに湿度が加わると犬は不調を起こしやすくなってしまうのです。

室内の暖めすぎが引き起こす「犬の不調」とは

マルチーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内の暖めすぎが原因で引き起こされる犬の不調には、以下のようなものがあります。

(1)熱中症

先述のとおり、犬は室温が26℃を超えると、暑さを感じる傾向にあります。それに加え、加湿のしすぎで室内の湿度が60%を超えると、犬は熱中症のような症状を起こしてしまうおそれが。

犬が過ごす部屋は室温を20~23℃、湿度は40~50%を目安に設定し、飼い主さんが寒ければ1枚羽織るなど、犬が快適な温度に飼い主さんが合わせる工夫をしてあげましょう。

なお、子犬やシニア犬、大型犬、短頭種、北方原産の犬、長毛種、太り気味の犬などは、熱中症になりやすいとされているので、特に注意が必要です。

(2)脱水症状

犬は暑さを感じたときに、自由に水を飲みに行けたり、涼しい場所に移動できたりする環境が整えられていないと、脱水症状を引き起こすことがあります。

脱水症状は熱中症を引き起こす要因でもあるので、犬がいつでも好きなときに水が飲めるよう、留守番中はもちろん、飼い主さんが家にいるときでも、常に飲み水を用意しておきましょう。

(3)低温やけど

犬は全身を被毛におおわれているため、熱さが皮膚に伝わりにくいといわれています。そのため、ホットカーペットの上やヒーターの前などで寝続けても、体が熱くなっているのに気づきにくく、低温やけどをしやすい傾向が。

犬が使用する暖房器具はタイマーを利用したり、犬が暖かい場所にずっと居続けたりしないよう、飼い主さんが気を配ることが大切です。

愛犬にとって安全で快適な室内を整えよう!

 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク リオンくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

春に向けて暖かい日も増えてきましたが、寒暖差もあり、まだまだ暖房器具が手放せそうにありません。犬とって安全で快適な室内環境を整え、残りの寒い日を元気に乗り越えましょう!

参考/「いぬのきもち」2018年1月号『寒い季節を元気に乗り越えるために!冬の冷え・乾燥・あたためすぎから愛犬を守ろう!』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生、一級建築士 トリミングサロン「HONDEHOK」運営 トリマー 二村陽子先生)
文/Yumi
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る