1. トップ
  2. 犬が好き
  3. エンタメ
  4. インスタグラム
  5. 体に不安のある保護犬と家族に。飼い主が学んだ「目の前の今に全力投球する大切さ」

犬が好き

UP DATE

体に不安のある保護犬と家族に。飼い主が学んだ「目の前の今に全力投球する大切さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬から学ぶことはたくさんある——そう感じている人は、きっと多いのではないでしょうか。

笑顔のまるこちゃん
@maruco4649

今回紹介するのは、Instagramユーザー@maruco4649さんの愛犬・まるこちゃん(♀・推定6才)。飼い主さんは、元保護犬だったまるこちゃんと出会い、2021年1月13日に正式に家族になりました。

一緒に暮らすようになってまだ数カ月ですが、まるこちゃんは飼い主さんご夫婦に「大切なこと」をたくさん教えてくれているといいます。

まるこちゃんとの出会い

飼い主さんの家にやってきた初日のまるこちゃん
飼い主さんの家にやってきた初日のまるこちゃん
@maruco4649

ある保護団体のホームページを見て、まるこちゃんの里親募集をしていることを知った飼い主さんご夫婦。まるこちゃんはセンターに収容されていたところを、ボランティアさんによって引き出されたコなのだそう。

6才という年齢と病気を抱えていたことから、なかなか里親が決まらなかったそうですが、ご夫婦はまるこちゃんの写真を見て心が動いたといいます。

見つめるまるこちゃん
@maruco4649

そして譲渡会へ足を運び、まるこちゃんとお見合いをしてみることに。飼い主さんは当時のことを、このように振り返ります。

飼い主さん:
「初めて会ったときのまるこは、担当の預かりボランティアさんが不在で、不満いっぱいの顔でした。そこがまたいじらしく感じました。ボランティアさんが帰ってくると、上機嫌になり一緒に散歩をさせてもらうことに。

犬との散歩が初体験の私は、ドキドキが止まりませんでした。そんな私の心を一切察することなく、まるこはグングンと私を引っ張り、『行くよ!』と言わんばかりに私を見て笑ったんです。もう、イチコロでしたね」

家に来た翌日のまるこちゃん
家に来た翌日のまるこちゃん
@maruco4649

その後、旦那さんもまるこちゃんとお散歩をしてみたそうですが、まるこちゃんはしっぽをフリフリしながら旦那さんのことを見つめていたのだそう。そんなまるこちゃんの姿を見たとき、飼い主さんは「このコは絶対にうちのコだ」と感じずにはいられなかったといいます。


飼い主さん:
「病気もあったので会う前は少し不安でしたが、会うともう不安はどこへやら。『まるこのすべてを受け入れ、面倒を見たい』と思いました」


こうしてご夫婦は、まるこちゃんと家族になるために、約1カ月のトライアル期間を過ごすことになります。

トライアル期間中に、ご夫婦に「ある試練」が

はしゃぐまるこちゃん
@maruco4649

犬と暮らすことが初めてだという飼い主さんご夫婦。成犬で家族に迎えたまるこちゃんが、トライアルで家に来てから3日程で自分を出し始めてくれたことが嬉しくて、とにかく可愛がっていたのだそう。

でも、次第にまるこちゃんは早朝や夜に吠えたり、指示をきかなかったりと、いろんな問題行動を起こすように。ご夫婦はしつけの大切さを痛感したといいます。

ぬいぐるみを見つめるまるこちゃん
@maruco4649

飼い主さん:
「担当ボランティアの方に相談すると『“鬼”になることも必要』と助言をもらいました。問題行動のピークは、トライアルから正式譲渡の返事をする1週間前。まるこに試されているような気もしました。 『あなた、私の親になれるの?』と。

私は絶対絶対、まること暮らしたい。その一心で腹を括り、ダメなものは心の底から『ダメ!』と伝えました。 すると、本当に驚くほどぴたりと問題行動はなくなり、まるこは私の顔を舐めるようになったんです。

犬が顔を舐めるのは母親のように思っている証だと聞き、とても嬉しかったですね」

笑顔のまるこちゃん
@maruco4649

まるこちゃんと真正面から向き合ったことで、ご夫婦の思いがきっとまるこちゃんにも届いたのでしょう。飼い主さんはこのときの出来事が今でも印象に残っているそうで、改めてまるこちゃんと家族になれてよかったと感じているようです。

まるこちゃんとの暮らしは、日々学ぶことがたくさん

ケーキを見つめるまるこちゃん
1月13日、家族になった日にお祝いをしたときの様子
@maruco4649

一緒に暮らしてみてわかったまるこちゃんの性格は、「自分の気持ちにまっすぐ」だということ。 大好きなごはんタイムと散歩タイムは、いつも全身全霊で楽しんでいるようです。

ごはん前は嬉しすぎてダンスを踊るかのように部屋中を走り回ったり、お散歩中は夢中になりすぎていつも必死になっていたり——そんなまるこちゃんの姿から、飼い主さんは「おもしろいだけではなくて、そこまで一生懸命になれるすごさみたいなものを感じ、夢中になることの素晴らしさのようなものを学ばせてもらっています」と話します。

まるこちゃんのおかげで「1日1日を大切にしよう」と思えるように

早くお散歩に行きたいまるこちゃん
リードに黄色いリボンなどをつけることで、「そっとしておいてほしい」の意思を示す「イエローリボン」。まるこちゃんも、散歩のときは黄色いリボンをつけて、ほかの犬や人に対して意思表示をしているそう。
@maruco4649

まるこちゃんは心臓が悪く、普通の犬がするようなお散歩ができないこともあるのだとか。お散歩中にほかの犬が近づくと、発作を起こして倒れてしまうこともあるのだそうです。

体に不安があって大変なことも多いけれど、まるこちゃんのおかげで1日1日が大切になり、日々たくさんの気づきがあると飼い主さんは話します。

飼い主さんに寄り添うまるこちゃん
@maruco4649

飼い主さん:
「今、まること共にいられることが嬉しくて仕方ないです。目覚めたまるこ、ごはん待ちのまるこ、ごはんにがっつくまるこ、散歩を心待ちにするまるこ。日常の全部が愛おしいです。

笑って泣いて、食べて寝て、目の前の今に全力投球する。それは、まるこが教えてくれた大切なこと。私たちにとって普通の日々が続きますように、それを叶えてあげられるようにしたいと思います」

お散歩を楽しむまるこちゃん
@maruco4649

まるこちゃんと飼い主さんご夫婦の生活は、まだスタートしたばかり。これからも、お穏やかで幸せな日々を過ごしていってほしいですね。


写真提供・取材協力/@maruco4649さん
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る