1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 健康管理
  4. マイボーム腺が詰まりやすいのでケアの方法はありますか。

Q&A飼い方

UP DATE

マイボーム腺が詰まりやすいのでケアの方法はありますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイボーム腺が詰まりやすいのでケアの方法はありますか。

マイボーム腺とはまつ毛の生え際にそって、上下約80個程ある皮脂腺のことです。マイボーム腺から分泌される脂は涙の表面に油膜をつくり、蒸発を防ぐ役割をしています。マイボーム腺が詰まるとマイボーム腺梗塞という病気になり、涙膜の性状が悪化し、角膜や結膜の病気が起こりやすくなります。

日頃からマイボーム腺が存在するまつ毛の生え際を清潔に保ち、マイボーム腺に詰まった脂や汚れを取り除くことでマイボーム腺の詰まりを少なくすることができます。

動物病院で洗浄液や点眼薬が処方されていましたら、次の方法を試してみてください。

1.目元の汚れをおとす 2.マイボーム腺を温める 3.マイボーム腺を洗浄 4.点眼や軟膏で抗菌

大切なのは「目を温めた後にマイボーム腺を洗浄する」ことです。42度くらいのお湯に濡らして絞った清潔なタオルやガーゼを目に当ててマッサージすると詰まった脂が溶けやすくなります。(愛犬が嫌がらない程度に行ってください。)

ご相談者様の愛犬はカニーンヘンダックスフンドでしたね。もし、毛の質がワイヤーで目に触れるようでしたら、短く切っておくのもまつ毛の生え際を清潔に保つための一つの方法です。

人でもマイボーム腺の詰まりは自宅ケアが大切だと聞いています。大変だとは思いますが、愛犬のキレイな目を守るために頑張ってくださいね。

カニーンヘン・ダックスフンド|♀|6歳1カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A飼い方

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「カニーンヘン・ダックスフンド」の新着記事

新着記事をもっと見る