1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬は「ひとりぼっち」だと寂しいと思う? 犬のホンネを獣医師が解説

犬と暮らす

UP DATE

犬は「ひとりぼっち」だと寂しいと思う? 犬のホンネを獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と暮らしていると、愛犬がひとりになるシーンもあるでしょう。たとえば、留守番をするときなどがありますが、犬はそのときに「寂しい」と感じるものなのでしょうか?

今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

犬はひとりぼっちだと寂しいと思う?

見つめるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬はひとりぼっちの状況で、「寂しい」と感じるものでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬は社会性が高い動物であり、仲間意識がとても強い動物で、本来は信頼のおける仲間と一緒に行動、生活をする動物です。

そのため、犬がひとりぼっちでいることは本来ではありえないことであり、ひとりぼっちであることに寂しさや不安、心細さなどを感じることでしょう」

犬がひとりぼっちになる状況でできる対策は?

見上げるミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬がひとりぼっちになる状況には、「留守番」「1頭飼い」「一緒に暮らす家族が少ない(飼い主さんが単身)」などの様々なケースがあると思います。どのような対策ができますか?

獣医師:
「ひとりぼっちになる状況としての留守番は、留守番のトレーニングをされていない犬にとって、留守番の時間は心細く、不安で退屈な気持ちになることでしょう。

それを和らげるためには、留守番中の犬に不安を感じさせないような工夫が必要です。たとえば…

  • お出かけの前に散歩をする
  • よく遊んであげる
  • ひとりにする時間を少しずつ伸ばしていき、留守番ができるように練習をする

などです。それらに加え、飼い主さんも留守番の時間はできるだけ短くする工夫は怠らないようにしましょう」

見つめるラブラドール・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——愛犬を1頭で飼っている場合、多頭飼いを検討する飼い主さんもいますが、それは愛犬の寂しさ対策になりますか?

獣医師:
「多頭飼いでも犬同士の相性が良ければよいのですが、相性が悪ければ犬にとってのストレスが増えるだけになります。

初めから1頭で飼われて飼い主さんに愛されていれば、寂しさを紛らわすために多頭飼いをするということはおすすめできません」

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——飼い主さんが単身で愛犬を飼っている場合の寂しさというのもありますか?

獣医師:
「飼い主さんがひとりで過ごされている場合でも、犬にとってはそれが当たり前なので特に寂しさは感じないでしょう。

ただし、単身の場合は留守番の機会が増えるでしょうから、留守番のトレーニングは必要だといえます。子犬の頃からしっかりとトレーニングをして、慣れさせるようにしてあげましょう」

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はひとりぼっちでいると寂しいと感じることもあるようです。飼い主さんは対策をし、少しでも寂しさを紛らわせるようにしてあげましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る