1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が顔をなめるのは愛情表現だけじゃない!愛犬の意外な気持ちって?

犬が顔をなめるのは愛情表現だけじゃない!愛犬の意外な気持ちって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔をなめてくるのは子犬のときの名残?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飼い主さんとコミュニケーションを取る手段としてワンちゃんがよくするのが「顔をなめる」しぐさです。この行動は、子犬期の名残でもあるといわれています。子犬期に母犬をなめることで、口からエサを吐き出してもらっていたため、その習性が引き継がれたものとされているのです。顔をなめてくるワンちゃんは、飼い主さんを母犬のように慕って、このような行動を取っているのでしょう。

愛犬になめられると、「私のことが好きなのね!」「うれしいんだね」と思う飼い主さんが多いはずです。ほとんどのワンちゃんはそういう気持ちでなめていると思われるのですが、中には意外な気持ちが隠されている場合もあるんです。

その1.「かまってよ!」「喜ばせたいな」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

最初に顔をなめたときに、飼い主さんが喜んでくれた!ワンちゃんはそのことを覚えています。なめれば喜んでくれたり、なでるなどしてかまってくれたりするのだと学習したのですね。きっと「飼い主さんの顔をなめると何かいいことがあるのでは?」と期待しているのでしょう。

ただし、飼い主さんが「やめて」とお願いしたとしても、ワンちゃんは「反応があった」ということしか理解できません。「相手をしてくれた」と勘違いしてしまい、飼い主さんが嫌がるほどに嬉しくなって、さらになめてしまうこともあります。

その2.「あなたよりも弱いんです・・・」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飼い主さんに怒られてしまったとき、飼い主さんをなだめる目的でなめることもあります。「自分はあなたよりも弱いんです。闘うつもりはありません。」と伝えたくて、顔をなめてきます。これはワンちゃんの本能的な行動で、このようなケースだと、下の方からなめてくる場合が多くなります。

その3.「これはおいしそう!」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

最後は、食べることが大好きなのワンちゃんの隠れた気持ちです。飼い主さんの口の周りにおいしい食べ物のニオイがついていると、思わずなめてしまいいます。「ここはいつもおいしそうなニオイがする」と覚えてしまうと、繰り返しなめるようになってしまうかもしれません。

愛犬が噛んだあとになめてくるときは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

これまでとは少し異なるシチュエーションですが、ワンちゃんが飼い主さんをつい噛んでしまったあとになめてくる場合があります。そんなときのワンちゃんは、「なんで噛んじゃったんだろう?」とあせっているのです。

噛まれた飼い主さんの様子を見て、なんだか嫌な雰囲気になってしまっているのを察し、なだめようとしています。「敵意があって噛んだわけじゃないんだけど・・・」と弁解して、なんとか取りつくろいたい気持ちの表れ。反省しているわけではないのですね。

愛犬のしぐさは、飼い主さんが考えていたものとは実は違った気持ちで行っていることも多いものです。また、同じしぐさでも状況が違えば、想定外な気持ちを表している場合もあります。どんな状況だったか、またその前後に愛犬がどんな行動をしていたかを考えてみると、ワンちゃんの本当の気持ちを読み取れるかもしれませんね。

出典/いぬのきもち2018年2月号『よくある愛犬のしぐさ じつは意外なきもちだった!』(監修:東京・世田谷のしつけスクール「Can! Do ! Pet Dog School」代表 西川文二先生 )
文/maya
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る