1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しなくていいしつけ、しなくていいお世話のススメ。ストレスフリーな愛犬ライフを!

しなくていいしつけ、しなくていいお世話のススメ。ストレスフリーな愛犬ライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①伝わらないなら、もう叱らない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人間の言葉が通じない犬には、飼い主さんが”怒っている”ということは通じても、「なぜ叱られたのか」までは正しく伝わらないことがほとんどです。

たとえば犬がトイレ以外の場所でオシッコをしてしまった時に「コラ!」などと叱ってしまうと、犬はオシッコをしたこと自体を叱られたと勘違いすることがあります。そして叱責が繰り返されると、犬は飼い主さんが見ていないところで隠れてオシッコするようになることも。つまり、叱ってもあまり効果がないんです。

このような犬のお困り行動のたびに飼い主さんが叱っていると、犬だけでなく飼い主さんもストレスが溜まってしまうはず。うまく伝わらないならば叱るのをやめ、ほめるしつけに切り替えましょう。

②指示しつけは最初から完璧を目指さない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

指示しつけを教えるとき、完璧にできるまで褒めないままでいると、褒められることが大好きな犬はモチベーションが続きません。おやつやフードなどのご褒美は、まずは犬と目が合った時点でひとかけら、指示に従おうと試行錯誤するしぐさを見せてくれたらもうひとかけらと、こまめに褒めてあげるのがモチベーション維持のコツです。

そして少しずつ犬の行動が指示どおりになってきたら、今度は指示どおりにできたときだけおやつを与える方式に切り替えてください。最初から完璧を目指すのはやめましょうね。

③苦手なことは無理させない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

怖がりな犬を苦手な人やものに慣れさせようとするとき、余計に怖い思いをさせていませんか?たとえば、他の犬が苦手なことを直すためにドッグランに連れて行く、知らない人が苦手なのに抱っこさせる、などでしょうか。

このような荒療法はトラウマとなり、犬の苦手意識がもっと高まってしまうこともあります。どうしても苦手なものに慣れさせたい場合は、無理強いせず、根気強くやっていきましょう。

④お手入れは張り切りすぎない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

苦手なお手入れに挑戦するとき、飼い主さんが緊張してピリピリしたり、力んで犬を強く抑えたりすると、犬がその緊張を感じ取ってしまって苦手意識を抱きやすくなります。打開策として、作業工程を何回かに分けてみてはいかがでしょうか。

たとえば難易度も高い「爪切り」の場合は、最初は1本切れたら合格とし、すぐに終わりにしてみましょう。どんなお手入れであろうと、まずは「今日は少しだけで終わりにしよう」「無理ならプロにお任せしよう」といった、気軽な気持ちでやっていくのが成功のカギですよ◎

⑤できなくても、愛犬も自分も責めない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬が少しぐらい吠えたり、イタズラをしたりするのは当然のことです。「なんでうちの子はこんなにできないんだろう」などと、愛犬を“できない犬”扱いしたり、「しつけができていない飼い主だ」などと自分を責めたりするのはやめましょう。

最初からしつけもお世話も完璧にこなせる飼い主さんなんていません。まずは「すぐにできなくてもいいや!」という気楽な気持ちでチャレンジしましょう。そして愛犬の態度や仕草を観察し、臨機応変に接し方を変えながら向き合いましょう。少しずつ愛犬の気持ちがわかるようになるはずですよ。

大事なのは愛犬を心から大切に思う気持ちです。頑張りすぎて疲れてしまう前に「しなくていいことはしない」飼い方に変えてみませんか?

出典/「いぬのきもち」16年6月号『しつけに困ってない飼い主さんがやっていない10のこと』(監修:日英家庭犬トレーナー協会認定トレーナー兼ナカムラ・ドッグ・スクール主宰 中村太先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る