1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 困った犬のイタズラ、原因は飼い主さんって知ってた?!

困った犬のイタズラ、原因は飼い主さんって知ってた?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困った犬のイタズラ、原因は飼い主さんって知ってた?

子犬〜1才くらいの犬は、まだしつけが完璧でなかったり、いろいろなものに興味津々で、とにかく好奇心でいっぱいです。
このときに体験したさまざまな出来事が、実は犬のイタズラの原因なのです。

してみたら楽しくて夢中になっちゃう

例えばゴミ箱。鼻で突いたりしているうちに転がったり中身がちょっと飛び出たり、いつもと違うことが起きたのが楽しくてイタズラが始まってしまいます。

1度でも楽しいイタズラを経験してしまうと、なかなかやめられないもの。
イタズラされると困るものは、愛犬の目の届かない場所に置いたり、イタズラをされないような工夫をしましょう。飼い主さんのちょっとした配慮で、愛犬はイタズラをしないようになるんです。
ゴミ箱はフタつきのものに変えるのがオススメ! 中身が見えにくくなるうえ、好奇心を刺激するニオイも減るため、イタズラされにくくなります。

飼い主さんにかまってほしくてイタズラしちゃう!

飼い主さんがちょっと目を離したすきにイタズラをしちゃうことが。飼い主さんの注目を集めたくて、もっとかまってほしくて、わざとやっていたりするのかも!?

「マッテ」がまだできていない犬は、その場から動かないようにするマッテのしつけができれば飼い主さんに注目を集めることができます。
イタズラするものに向かう愛犬を呼び寄せる「オイデ」の指示しつけも教えれば、さらなるイタズラ予防に!

愛犬を飼い主さんに注目させる時間を増やすと、余計なものが目につきにくくなります。愛犬が飼い主さんのそばに来たら積極的におやつを与えてみて。「イタズラよりも飼い主さんを見たらイイコトがある!」と覚えてくれます。

遊びを通して愛犬とより相思相愛になれちゃう上に、イタズラの予防にもなるなんて素敵ですね!

出典/「いぬのきもち」2018年3月号『年代別 愛犬の困りごとランキング』(監修:しつけスクール「Can! DO! Pet Dog School」代表 西川文二先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る