1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬の意外な大好きサイン!控えめな愛情表現も見逃さず受け止めよう

愛犬の意外な大好きサイン!控えめな愛情表現も見逃さず受け止めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの愛犬は積極的に大好きアピールをするタイプですか?それとも、一見そっけなく見える「ツンデレ」タイプですか?今回は、「ツンデレ」タイプの犬が見せる、意外な「大好きサイン」について解説します。愛犬の控えめな愛情表現も見逃さず、しっかり受け止めてあげましょう。

意外な大好きサイン①「遊びの最中にうなる」

ひっぱりっこ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がうなっているのを見ると、つい怒っていると捉えがちですが、遊びの最中にうなっているのは、「とっても楽しい!」とテンションが上がっているときのサインです。あまりの楽しさにうなり声が思わずもれてしまっている状態なのです。

こんな対応をすればもっと仲良くなれる!

興奮しすぎると、愛犬が自分自身をコントロールできなくなってしまうこともあります。うなっているときは興奮しすぎる前ぶれなので、「フセ」などの指示をして一旦落ち着かせるといいでしょう。

意外な大好きサイン②「わき目もふらずに夢中でゴハンを食べる」

ご飯を食べる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が食べることに集中しているときは、とっても無防備な状態です。飼い主さんがそばにいても見向きもせず、夢中で食べている姿は一見そっけなくみえますが、飼い主さんを信頼しているからこその行動なのです。

こんなときは要注意!

周囲を気にしてゴハン中に何度も顔を上げているときは、愛犬が安心できていないサインかもしれません。飼い主さんの手から直接ゴハンを与える機会を増やし、飼い主さんが「ゴハンを与えてくれる存在」だということを認識させましょう。

意外な大好きサイン③「帰宅しても出迎えず、自分の居場所から動かない」

首をかしげる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

帰宅したときに、愛犬がしっぽを振って玄関まで出迎えてくれると嬉しいですよね。しかし、中には飼い主さんが帰ってきても自分の居場所から動かない犬もいます。これは、しばらくたてば一緒に遊べるなど、もっと楽しい時間がこれから来るのを知っているために、落ち着いているのです。
飼い主さんとの生活の中で、ハイテンションになるのは「今ではない」ときちんと理解できているのでしょう。

こんな対応をすればもっと仲良くなれる!

自分の居場所で愛犬がおとなしく待っていられたら、愛犬への感謝の気持ちを伝えてあげることが大切です。帰宅後は早めに用事をすませ、遊びや散歩など、愛犬との時間をたっぷりと作ってあげましょう。

こんな行動も意外と「大好きサイン」!

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの服の上で寝る

脱いだばかりの飼い主さんの服の上で愛犬が寝てしまうのは、飼い主さんのニオイがしっかりついて安心できるからです。大好きな飼い主さんのニオイに包まれると、ついつい眠ってしまうのでしょう。

飼い主さんが帰ってくると急に水を飲みだす

犬は感情が高まると、関係ない行動をとって気持ちをクールダウンさせようとすることがあります。急に水を飲みだすのは、大好きな飼い主さんが帰ってきて高まった感情を落ち着かせようとしているのでしょう。また、飼い主さんの帰宅に安心して、のどをうるおしているのかもしれません。

不思議な声で鳴く

不思議な声を出したときに、飼い主さんにかまってもらえた経験のある犬は、それが嬉しくて、さらに不思議な声を出して気を引こうとすることがあります。飼い主さんのことが大好きな証拠ですね。

人でも積極的な人とそうでない人がいるように、犬にも控えめなタイプがいます。愛犬の気持ちをくみ取って、「大好きサイン」を見逃さずに受け止めてあげましょう!

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:獣医学博士 東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 増田宏司先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る