1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ワンワン!大コーフンの愛犬が「ハッ…!」と我に返るテク

ワンワン!大コーフンの愛犬が「ハッ…!」と我に返るテク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が興奮すると手がつけられなくて大変で……とお悩みの飼い主さんは少なくないでしょう。
そこで今回は、これら困った愛犬の興奮をその場で抑えるテクニックをご紹介。
一瞬でも興奮を止めることができたら、もうこちらのもの!
急いで興奮の原因を取り除くか、原因のもとから離れるなどして、愛犬が再び騒ぐことを防ぎましょう。

愛犬の興奮スイッチをその場でオフにするテクニック・3選

興奮を一瞬でも止められたら、ある意味成功です!

愛犬が興奮すると手がつけられなくて大変で……とお悩みの飼い主さんは少なくないでしょう。
そこで今回は、これら困った愛犬の興奮をその場で抑えるテクニックをご紹介。
一瞬でも興奮を止めることができたら、もうこちらのもの!
急いで興奮の原因を取り除くか、原因のもとから離れるなどして、愛犬が再び騒ぐことを防ぎましょう。

その1 手をたたいて我に返らせる

興奮している犬に向かって手を大きく1~2回たたいて音を立てます。大きな手拍子に驚いた犬は、ハッ!として興奮スイッチが一瞬切れるはず。
すぐさま、興奮している原因を取り除いたり、原因から犬を遠ざけたりして、再び吠えたり走り回ったりしないようにしましょう。

なお、手をたたくときは、小さく何度もたたいたり、犬の名前を呼んだりすると、犬を我に返らせることができません。短くはっきりと手を打ち鳴らすのが成功させるポイントです。

その2 おもちゃや食べ物を胸の前で持つ

犬が大好きなおもちゃやおやつ、フードボウルを飼い主さんの胸の前あたりで持って「オスワリ」と声をかけます。すると、おもちゃなどにつられて目線が上がった犬は、その場に座りやすくなります。犬はオスワリすると落ち着きやすくなるので、これで一瞬でも興奮が止まったら成功! すぐに興奮している原因を取り除きましょう。
興奮をやめてきちんとオスワリできたごほうびとして、手にしたおもちゃでいっしょに遊んだり、おやつを与えたりして、再び興奮することを防いでもいいですね。

その3 犬が苦手なものの名前を言う

興奮スイッチをひとまずオフにするために、たとえば愛犬が苦手な犬の名前や、嫌いなお手入れのことなどを口にしてみましょう。愛犬は、その名前やキーワードを聞いてテンションが下がり、興奮が収まることが。
この場合も、一瞬でも興奮が止まったら、ふたたび愛犬が騒がないようにすぐに興奮元から離れるなどの対処が大切です。


愛犬の興奮は、ほうっておくと手がつけられなくなるほどエスカレートしてしまうことも。ここで紹介した方法を上手に使って、愛犬の興奮をその場でストップしましょう!


参考/「いぬのきもち」2016年10月号『しつけのGOODスイッチBADスイッチ』(監修:ナカムラ・ドッグ・スクール代表 中村太先生)
文/h.taco

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る