1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬をとっさの危険から守る「魔法の言葉」とは

愛犬をとっさの危険から守る「魔法の言葉」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬とのおでかけは楽しい時間ですよね。しかし、散歩中リードを離してしまったり、ドッグランでほかの犬とケンカしそうになったりと、トラブルが発生することも…。今回は、そんなとっさのときに役立つ2つのしつけ「マッテ」と「オイデ」について解説します。

愛犬をその場で待たせる「マッテ」

散歩する黒柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

こんなときに役立つ!

たとえば、散歩中うっかりリードを離してしまい、愛犬が車道の向こう側に渡ってしまったとします。こんなとき、愛犬の名前を呼んでしまうと、愛犬が飼い主さんの方に来ようとして、車道に飛び出すことも考えられます。
そこで役立つのが、愛犬をその場で動かずに待たせる「マッテ」です。愛犬に「マッテ」をさせている間にそばに近づき、おやつを与えながら首輪とリードを順に持って、愛犬の安全を確保しましょう。

「マッテ」の教え方

  1. おやつを握った手に注目させながら「オスワリ」をさせ、そのままの姿勢で1~2秒アイコンタクトをとります。

  2. 「マッテ」と声をかけ、「オスワリ」の姿勢のままアイコンタクトをとります。

  3. 動かずに「マッテ」ができていたら、おやつを与える・なでるなどをしてほめます。

  4. もう一度同じように「マッテ」をさせ、アイコンタクトをとります。

  5. 飼い主さんが動くと犬も自然と動き出すので、そこで「OK」と声をかけて「マッテ」を解除する合図を教えます。

愛犬を呼び寄せる「オイデ」

ドッグランにきたポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

こんなときに役立つ!

ドッグランなどで役立つしつけが、愛犬を離れた場所から飼い主さんのもとに呼び寄せる「オイデ」です。たとえば、愛犬がほかの犬と険悪な雰囲気になったとき、すぐに「オイデ」で呼び寄せれば、ケンカをする前に相手の犬から引き離すことができます。また、愛犬を途中で休憩させるときや、帰るときに呼び戻すのにも便利な合図ですよ。

「オイデ」の教え方

  1. おやつを握った手を、愛犬の鼻先から飼い主さんの胸元へと動かして視線を誘導し、アイコンタクトをとります。

  2. 再度おやつを握った手を愛犬の鼻先に持っていき、「オイデ」と声をかけながら後ろ歩きをします。

  3. 数歩下がった位置で腰を下ろし、愛犬が近づいてきて足の間まで密着したら「イイコ」とほめておやつを与えます。

  4. 1~3をクリアしたら、1のアイコンタクトの状態をキープしたまま愛犬から1m以上離れます。

  5. 離れたところから「オイデ」と声をかけ、愛犬が足元ギリギリまで近づいてきたらほめます。

日頃の心がけで愛犬をとっさの危険から守ろう

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

基本のしつけともいえる「マッテ」と「オイデ」。日頃から練習して愛犬との信頼関係を築いておくことで、とっさのときに役立ちます。また散歩中やドッグランにいる間は、愛犬から目を離さず、様子を常に見守っていることも大切です。日頃の練習と心がけで、愛犬を危険やトラブルから守りましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年7月号『お出かけのときのハプニングに役立つ!「とっさのキケン」にSTOP!しつけ』(監修:家庭犬しつけインスタラクター 「SKYWAN!DOG SCHOOL」代表 井原亮先生)
文/nekonote
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る