1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 夏の散歩は危険がいっぱい!犬を熱中症にさせない5つのポイント

犬と暮らす

UP DATE

夏の散歩は危険がいっぱい!犬を熱中症にさせない5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の散歩は危険がいっぱい!犬を熱中症にさせない5つのポイント

人に比べて、夏の暑さに弱い犬。しかし、健康維持やストレス解消のためには、毎日の散歩は欠かせません。

そこで、この記事では夏の散歩における注意点と、熱中症にならないための5つのポイントをお伝えします。

【1】日が昇る前に散歩を済ませる

熱い日中の散歩は避け、一日の中でも地面の温度が低い早朝の、日が昇る前に済ませるのが理想です。夜になっても暑さが続く時期は、散歩が1日1回でもやむをえないと考えてください。

【2】雨上がりや夕方・夜の散歩は避ける

雨で濡れた道は、気温が上昇すると地面に蒸気がこもり、高温多湿の状態に。とくに風がないときは、気温が上昇しやすいので要注意です。

また、太陽光がない夜の時間帯でも地面に熱気が残っている場合があるため、注意が必要に。風がなくて蒸し暑い熱帯夜の日は、夜の散歩は控えたほうが賢明でしょう。

東京動物医療センターの南直秀先生いわく、「夕方の散歩中に熱中症になって病院に連れてこられる犬がいちばん多いです」とのことです。

もっとも、朝方雨が降っていた日などは、日中や夕方に散歩することになるでしょう。その場合は、下記の3点をとくに注意してください。

【3】まめに休憩をとって水分補給を

10分おきを目安に、こまめに休憩をとりながら散歩をしてください。休憩には風通しのいい日陰の場所を選び、愛犬に冷たい水を与えて十分な水分補給をさせましょう。

【4】風通しのいい場所や日陰を選んで歩く

なるべく日陰が多いところを歩くようにしましょう。「日陰のほうがいいはず」と考えて建物の陰に入る飼い主さんもいるかもしれませんが、そこは意外と風通しが悪く、熱気や湿気がこもりやすい空間。

密集していない木々の下など、風通しがいい道を散歩コースに選ぶようにしてくださいね。

【5】地面を触って熱くないか確認する

人より体高が低い犬は、アスファルトの照り返しを受け、熱中症になってしまう危険性があります。あるいは、肉球が火傷してしまうことも……。必ず路面を手のひらで触って、熱くないか確認しましょう。

以上が、夏の散歩で犬を熱中症にさせないための5つのポイントです。ワンちゃんたちが大好きな散歩の時間を楽しく過ごせるよう、飼い主さんもサポートしてあげてくださいね!


出典/「初めて飼い主さんのいぬのきもち」2016年7月号『少しの油断が命とりになるから知っておいて 本当に怖い熱中症の真実』
文/サモ江戸

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る