1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 稲村ケ崎の日々——夏の思い出 vol.4【いぬねこ宅の幸せスタイル】

犬と暮らす

UP DATE

稲村ケ崎の日々——夏の思い出 vol.4【いぬねこ宅の幸せスタイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vol.4 稲村ケ崎の日々——夏の思い出

ピンクちゃんがファミリーの一員になった頃、九島家には猫たちもいました。
猫も大好き、犬も大好き。そんな九島さんたちが忘れられない思い出とは。

冷蔵庫には最愛の犬猫たちの写真をピンナップ

始めは猫との暮らしから

もともと猫が好きだった登美子さんは、2匹の猫と一緒に敦さんと暮らし始めました。実は敦さんは猫アレルギーだったのを、登美子さんや猫たちと暮らし始めてから克服したそうです。

「稲村ケ崎に移る前の家で、猫2匹に犬2匹が加わって4匹いたんですよ。でも高齢の猫だったので、1匹はヴィッキーとピンクが来てから3年ぐらい、15歳で星になって。もう1匹の猫はこの家にも一緒に来て、17歳まで生きました。そんな大所帯で暮らすうちに、気付けば彼の猫アレルギーも治っていました(笑)」

すでにシニア世代の猫ちゃんたちだったから、もしかすると母親気分で子犬たちを見守っていたのでしょうか。お互いごく自然に順応していたようです。
「猫たちも、ヴィッキーは元気良すぎて引いていたかもしれませんが、ピンクが穏やかな性格だからかピンクといるのは平気みたいでしたね」

洗面所の壁のニッチにも猫たちの写真

インテリアから外せない猫アイテム

すでに星になってしまった猫たちですが、登美子さんにとっては長く一緒に暮らした大切な猫たち。今の家にも、洗面所や冷蔵庫に猫たちの写真を飾っています。気付けば、とぼけた表情の猫の置物がそこかしこに。
「またいつか猫も飼いたいと思っているんです」

しっぽのピンと立ったかわいい猫の置物がキッチンにもリビングにも

猫たちがいなくなっていく悲しみを乗り越えさせてくれたのが、まだ幼犬だったヴィッキーくんとピンクちゃんでした。敦さん曰く、その魅力は「きかんぼうなところ」と言うほどやんちゃな面のあるビーグル犬ですが、ふたりにとってはもはや子どものような存在に。

稲村ケ崎のお庭でくつろぐ九島さんファミリー。ピンクちゃんもいい表情!

運動量にびっくり

ハンター犬なのでビーグル犬に散歩は欠かせない……そう知ってはいたものの、実際の運動量は半端ではなかったようです。
「今でこそそれほどでもないですが、自転車で走らせないと運動量が足りないような感じで、始めの頃は辻堂から茅ヶ崎まで自転車で往復したこともありました。こっちのほうが先にばてますよね(笑)」

ソファの横には、幼い頃のピンクちゃんやヴィッキーくんの写真が。黄色い雨合羽姿のピンクちゃん、かわいい!

ヴィッキーくんが使っていた犬用ベッドは、今ではピンクちゃんのくつろぎスペースに。
「家でくつろいでいるときは、だいたい人用のソファがヴィッキーの定位置でしたね」

お兄ちゃんぶりを発揮したことも

同じビーグル犬でも、体格的にヴィッキーくんのほうがひとまわり大きなタイプで、ピンクちゃんはやや小ぶり。九島家のファミリーになったのが早かっただけでなく、ヴィッキーくんはピンクちゃんのことを妹分というか、守ってあげる存在と見なしていたのかもしれません。というのも、登美子さんの話によれば……

「ヴィッキーやピンクとアウトドアへ出かけると、大抵の場所ではヴィッキーのほうがどんどん積極的に走って行ってしまう。でもなぜか海でおもちゃを取って来る遊びはピンクのほうが積極的だったんです。でもある時、おもちゃが思ったよりも沖のほうへ流されてしまって、ピンクがちょっとひるんだんですね。そうしたらヴィッキーがピンクの代わりに先のほうまで泳いで行って、おもちゃを取って来てあげて」

先輩犬らしい一面を見せたヴィッキーくんの話に一同感心!

「でも、ピンクはちゃっかりヴィッキーが取りに行ってくれたおもちゃをもらって、自分の手柄のように私たちのところに持って来たんです(笑)」

ビーチで夢中になって遊ぶ2匹!(写真提供: 九島敦さん)

そんな笑える思い出もあったピンクちゃんとヴィッキーくんの稲村ケ崎の日々。
ピンクちゃんの夢の中で、今でもときどき2匹一緒に遊んでいるのでしょうか。

最後に、稲村ケ崎の海を思いっきり楽しむピンクちゃんとヴィッキーくんの姿をスライドショーでどうぞ。

今回でピンクちゃん宅の紹介は終わりです。次回はまた別のいぬねこ宅の幸せスタイルをお伝えします。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る