1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬といっしょに新病院へ行ってみました! JVCC二次動物医療センター目黒病院 最新設備を徹底リポート

犬と暮らす

UP DATE

愛犬といっしょに新病院へ行ってみました! JVCC二次動物医療センター目黒病院 最新設備を徹底リポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域のかかりつけ医と連携し、ペットの高度医療・夜間救急外来を提供するJVCC二次動物医療センター目黒病院。院長として第一線で動物医療に携わる鈴木陽彦先生に、新病院を案内してもらいました。

いっしょに病院に行ってくれたのは……

丸山千佳さんと愛犬・ぽぽくん(オス・3才/カニーンヘン・ダックスフンド)
丸山千佳さんと愛犬・ぽぽくん(オス・3才/カニーンヘン・ダックスフンド)

新病院の特長は、より高度な「二次診療」

「一般的な動物病院と、より高度で専門的な診療を提供する二次診療病院を受診する際の大きな違いは、夜間およびかかりつけ医の休診時の救急の場合をのぞき、二次診療には必ずかかりつけ医からの予約(紹介状)が必要になること。来院後は各科の専門医による診察やより高度な精密検査などを受け、かかりつけ医とも相談しながら飼い主さんの希望に沿った治療方針などを考えていきます。

二次診療では、重篤化してしまった症例を扱うケースもあります。愛犬の病状はもちろん、今後のリスクなどもすべて説明したうえで、飼い主さんがどんな治療を望んでいるかしっかり話を聞くことを大切にしています」(鈴木先生)

「愛犬の日ごろの様子を知る飼い主さんから、気になる症状や異変について教えてもらうことは適切な治療の手がかりのひとつ。二次診療施設だからといって身構えないで、心配なことは何でも聞いてください」と鈴木先生。

◆新病院の診察の流れと設備を見てみよう!

『いぬのきもち』読者の丸山千佳さんと愛犬・ぽぽくんが、実際の受診の流れに沿って新病院を案内します!

<予約>かかりつけ医からの報告書を確認

初診に際しては、必ずかかりつけの先生から連絡を受け、愛犬の症状やこれまでの治療、各種検査データなどの診断報告書をFAXなどの文書で引き継ぎます。

<受付>予約制なので、待ち時間も軽減

夜間・救急診療以外は予約制。長時間待たされたり、ほかの犬や動物と待合室でいっしょになるといったストレスがないように配慮されています。

<診察>問診内容や症状は電子カルテで共有

新病院では、これまで紙で管理していたカルテ情報を電子化し、病院のスタッフ全体で愛犬の情報を共有できるようにしています。診察内容や過去の病歴なども検索ができるようになり、効率よく診察が進みます。また、院内に診察室は3部屋。犬と猫、その他の動物で診察室を分ける配慮もされています。

<検査・診断>CT、エックス線、超音波……最新鋭の検査設備

確定診断に必要な最新機器を揃えています。機器性能の向上により無麻酔でのCT撮影が可能になり、医療被曝によるリスクを最小限に抑えます。また、専門的な知識が必要な症例によってはCT画像を読影する専門医に依頼し、診断について助言をもらいます。

<治療・手術>難易度の高い症例にも専門医が対応

検査から導き出された病状に応じて、治療や投薬、手術などの処置を行ないます。内科、外科手術は清潔度の高い手術室で行われ、飼い主さんは待合室のモニターで愛犬の様子を確認することもできます。

<入院・看護>清潔な入院室も完備。面会もできます

入院が必要になった際の設備も充実。24時間スタッフが愛犬の様子を見守ります。治療後は診断結果や治療内容についてかかりつけ医に報告し、適切な治療を続けることになります。

夜間などの救急時は予約不要で来院を!

突発的なケガや誤飲、元気がないので翌日受診しようと様子をみていたら夜中に容体が悪化してしまった……など、かかりつけ医が開いていない夜間や休診日には、予約や紹介なしで受診できる救急外来も開設しています。

「愛犬の異変に気づいたらいち早く電話をしてください。症状がいつ頃からでているのか、悪化しているかどうかなどの症状を聞きながら、獣医師が的確な対応をします。受診・治療後は、翌朝以降かかりつけ医の先生に連絡をとり、症状や治療内容などについて伝えます。スムーズに治療の引き継ぎを行なえるよう、地域の動物病院との連携を強めていきたいですね」(鈴木先生)

鈴木陽彦先生プロフィール
JVCC二次動物医療センター目黒病院院長。麻布大学卒業後、動物循環器病センターにて僧帽弁形成術などの心臓外科や日本大学獣医内科学教室大学院に所属し二次診療に従事。日本獣医循環器学会認定医
JVCC二次動物医療センター目黒病院院長。麻布大学卒業後、動物循環器病センターにて僧帽弁形成術などの心臓外科や日本大学獣医内科学教室大学院に所属し二次診療に従事。日本獣医循環器学会認定医
JVCC二次動物医療センター目黒病院
地域のかかりつけ医と連携し、最善の医療を提供する二次診療、夜間救急診療に対応する病院として2019年4月に開院。専門分野に長けた経験豊富な専門医が常勤し、24時間365日、迅速な治療にあたります。
地域のかかりつけ医と連携し、最善の医療を提供する二次診療、夜間救急診療に対応する病院として2019年4月に開院。専門分野に長けた経験豊富な専門医が常勤し、24時間365日、迅速な治療にあたります。

東京都目黒区目黒3-9-3
ホームドクターからの受付
▶9:00~20:00 tel:03-5725-3239
夜間および救急外来
▶24時間受付 tel:03-5725-3370

撮影/尾﨑たまき
文/ヨシノキヨミ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る