1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. スキンシップでチェック! 飼い主さんでも気がつきやすい病気の症状は

犬と暮らす

UP DATE

スキンシップでチェック! 飼い主さんでも気がつきやすい病気の症状は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の健康診断をしていますか? 健康診断は、病気の早期発見につながるだけでなく、愛犬の体の状態を知る大切な検査ですので、定期的に受けるようにしたいものです。

でも実は、病院に行っての健康診断と同じくらい、日々の暮らしのなかでの健康チェックも大切なのです。

犬とのスキンシップで異変に気が付く

なでなで大好き!笑顔が可愛い♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

毎日一緒に過ごしている飼い主さんだからこそ、いち早く気が付くことができる「異変」があります。

「どこかが腫れている」といった見た目の異変はもちろん、じっくり観察をして毛や皮膚に触れながら、こまめなお手入れとスキンシップをすることで「しこりがある」「炎症がある」「痛がる」といった具体的な異変を知るきっかけとなるでしょう。

このことからも、小さい頃から体のどこを触られても嫌がらない犬にしておくと、体の異変をより早い段階で見つけることができるかもしれません。

愛犬の〇〇が気になったら動物病院へ

大丈夫?息できてる?
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

いぬのきもち獣医師相談室の医師によると、犬が元気に見えても、太ってきた/やせてきた/しこり/脱毛/皮膚の色/皮膚のカサつきやベタつき/耳の異変/目の異変を感じて、来院される飼い主さんは多いそうです。

その症状が全て病気に繋がっているとは限りませんし、しこりがあっても問題のないイボのようなものもありますが、そのようなきっかけが病気の予防につながることはあります。

動物病院では、犬が太ってきた場合、病気でなければ食餌改善をアドバイスしてくれることもあります。皮膚の異変は、心因性によるものは治療よりも生活改善をしたり、食事の内容を変えてみることを指導されるかもしれません。

このように、ちょっとしたことでも、気になることがあったらかかりつけ医に相談することが大切です。

犬も定期的な健康診断が大事

マッサージ気持ちいいなぁ。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

まずは、犬の体を優しく触りながら異変がないかチェックしてみてください。そして、愛犬に「あれ?」と感じる異変を見つけたら、動物病院の受診や健康診断を行うことをおすすめします。

診察や健康診断の結果から、もし病気だった場合は早期治療ができますし、病気でなかったとしても、犬の体の状態を改善することができます。

日々の観察から、愛犬の体の変化にいかに早く気が付けるかが、愛犬と飼い主さんの幸せにつながっているといえるでしょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

柴犬マロたん、7歳10ヶ月。健康診断の結果発表します★

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る