1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 消化器官
  4. 肛門腺破裂[こうもんせんはれつ]

消化器官

UP DATE

肛門腺破裂[こうもんせんはれつ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肛門腺破裂の症状と治療、予防方法

解説

通常、肛門嚢の分泌液は排便の際に外へ放出されますが、肛門嚢炎になると、肛門嚢内に細菌が感染することで肛門嚢が化膿し、分泌液が多量にたまってしまうこともあります。強い痛みを伴い、ひどいときには、肛門嚢が破裂し、内容物が体外へ飛び出します。

肛門腺破裂の治療

獣医師が手によって肛門嚢から分泌液を押し出します。重症の場合は、手術で肛門嚢を摘出することもあります。

肛門腺破裂の予防

定期的に動物病院で肛門嚢から分泌液を出してもらいます。または飼い主さんが自分で行ってもよいでしょう。

CATEGORY   消化器官

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「消化器官」の新着記事

新着記事をもっと見る