1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 骨・関節
  4. レッグ・ペルテス[れっぐ・ぺるてす]

骨・関節

UP DATE

レッグ・ペルテス[れっぐ・ぺるてす]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レッグ・ペルテスの症状と治療、予防方法

解説

大腿骨の先端にある大腿骨頭に血液が充分に供給されず、骨頭が変形したり、壊死します。後ろ足に痛みを伴うため、足を引きずったり、たびたび地面から足を上げるようになります。骨が出来上がる前の小型犬がかかりやすいです。

レッグ・ペルテスの治療

この病気は進行性で、最終的には大腿骨頭部が骨折するため、診断がつきしだい、大腿骨頭を切除する手術を行います。術後はリハビリテーションが必要です。

レッグ・ペルテスの予防

とくにありません。この病気は、生後7カ月前後に発症することが多いため、この時期の犬の歩き方を注意して見ましょう。

CATEGORY   骨・関節

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「骨・関節」の新着記事

新着記事をもっと見る