1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 消化器官
  4. 腸炎(慢性腸炎)[ちょうえん(まんせいちょうえん)]

消化器官

UP DATE

腸炎(慢性腸炎)[ちょうえん(まんせいちょうえん)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸炎(慢性腸炎)の症状と治療、予防方法

解説

腸の粘膜が慢性的な炎症を起こす病気です。嘔吐と下痢のどちらか、もしくは両方が起こります。おなかが鳴る、口臭がする、よく水を飲む、尿量が増す、元気がなくなるといった症状が見られます。原因は、感染症や食物アレルギーで腸内細菌の過剰な増殖、がん、寄生虫などです。

腸炎(慢性腸炎)の治療

腸の粘膜の炎症を抑える薬を投与します。寄生虫が原因の場合は駆虫薬を、がんの場合は抗がん剤を使用することがあります。また、食事療法も必要となります。

腸炎(慢性腸炎)の予防

感染症などはワクチン接種で予防を。

CATEGORY   消化器官

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「消化器官」の新着記事

新着記事をもっと見る