1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 角膜浮腫[かくまくふしゅ]

UP DATE

角膜浮腫[かくまくふしゅ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

角膜浮腫の症状と治療、予防方法

解説

角膜の内皮(いちばん内側の膜)の機能が低下し、角膜内に水がたまってむくんでしまう病気。角膜が膨張して目の透明感がなくなって白く濁ります。これに伴い、視力も低下します。角膜炎や緑内障により、併発することも。

原因

角膜炎、角膜潰瘍、緑内障など、目の病気の症状の一つとして現れることが多いです。
また、角膜内皮ジストロフィーという進行性の目の病気では突発的に現れることがあります。

症状

角膜が白く濁り膨張します。目ヤニが出やすくなる、目をしょぼしょぼさせるといった症状もでてきます。また、視力が低下すると動きが鈍くなることもあります。

診断

白濁し膨張した角膜の様子から角膜浮腫を疑ったら、、眼圧を調べたり、スリットランプなどを用いて浮腫の進行状態を判断します。

角膜浮腫の治療

点眼薬によって治療を行います。症状が重い場合は外科手術を行う場合もあります。

角膜浮腫の予防

緑内障を併発していることもあるので、異変を感じたらすぐ診察を受けましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る