1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 白内障[はくないしょう]

UP DATE

白内障[はくないしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障の症状と治療、予防方法

解説

老化に伴い目の水晶体が変化し、目が白く濁って見えます。視力が損なわれるので、犬は物にぶつかったり、慣れている場所でも鼻先で探るような歩き方をすることもあります。症状が進行すると失明に至ります。老化のほか、先天的な理由で発症したり、若年性の白内障もあります。

原因

先天的なものと後天的なものがあります。遺伝的要因や外傷、糖尿病や低カルシウム血症などの基礎疾患がある場合などに起こります。また水晶体に影響を与えるような他の目の病気から起こることもあります。

症状

瞳孔の奥が白く濁って見えるようになり、視力の低下が認められるため、歩くときに物にぶつかったり、鼻先で探るように確認しながら歩く様子が認められます。進行すると失明に至ります。

診断

眼の観察により診断を行います。実際に障害物を置いて歩く様子を観察したり、綿のようなものを落下させて眼で追うかなどを確認します。眼に斜めから光を当てて水晶体の濁り具合などをチェックしたり、スリットランプで眼を球の断層を確認したりします。

白内障の治療

点眼薬などで進行を遅らせる治療法のほか、白濁した水晶体部分を取り除く外科手術を行う場合もあります。完全に視力を失った場合は、食事や排便のサポートを。

白内障の予防

予防は難しいですが、日々愛犬の目を注意して見ましょう。糖尿病が原因で白内障になることもあるため、糖尿病にならないよう注意することも予防につながります。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る