1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 眼瞼外反症[がんけんがいはんしょう]

UP DATE

眼瞼外反症[がんけんがいはんしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼瞼外反症の症状と治療、予防方法

解説

まぶたが外側に向かってめくれる病気。角膜や結膜が外部に露出し、炎症や潰瘍を起こしやすくなります。下まぶたに起こることが多いです。セント・バーナード、ブルドッグなど顔面の皮膚がたるんでいる犬種は、先天的に眼瞼外反症を起こしやすい傾向があります。

原因

先天性であることが多い病気です。また、なんらかの病気や怪我で顔面の筋肉が弱ったり、顔面麻痺がおこると発症することがあります。

症状

主に下まぶたが外側に反転して結膜の赤い粘膜の一部が露出した状態になります。露出した結膜や角膜に炎症が起きると、涙や目ヤニが増えます。さらに炎症が進むと痛みや痒みが生じ、目こする様子を見せることもあります。

診断

特徴的なまぶたの状態から診断します。

なりやすい犬種

セント・バーナード、ブルドッグ、コッカー・スパニエル

眼瞼外反症の治療

角膜炎や結膜炎を起こしていることが多いので、点眼薬などで治療を行います。外反が重度の場合によってはまぶたの整形手術をすることがあります。

眼瞼外反症の予防

日ごろからのお手入れで目のまわりを清潔にし、ふだんから愛犬のまぶたの状態に気を配るようにしましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る