1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 事故が防げて犬も苦しくない、おすすめのリードの持ち方|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.89

犬が好き

UP DATE

事故が防げて犬も苦しくない、おすすめのリードの持ち方|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.89

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、リードを正しく持つことが、いかに重要かがわかるお話。西川先生のしつけ教室の近くで、リードの持ち方も原因のひとつとなった事件が起きた模様。先生が、飼い主さんたちにまず最初に教えるのが「リードの持ち方」。それを今回、コラム内でレクチャーします(編集部)。


「もしもし、〇〇署の△△と申します」
え? なんかやらかした? ワタクシ。
警察から電話なんて、それも刑事課だという。
交通違反どころの騒ぎではない。気がつかないうちに、窃盗か、傷害か、殺人か、何か犯罪を犯していたのか?
とはいえ、心当たりは全くないわけで。
何の話かというと、「犬が関係する事件」に関してだそうで、専門家の意見を聞きたいとのことでした。
はて、犬をトレーニングして何かを盗ませたか、誰かを襲わせたか(コラムVol.71もぜひご一読を)。
くわしくは電話ではなく直接お会いしてとのこと。後日、駒沢のスクールの方に刑事二人が尋ねてきました。

犬が他人に危害を加えた事件

実際の話は、私が想像していた類の事件とは、大違い。
2頭の大型犬を散歩させていた80歳代の飼い主が、犬の動きをコントロールできずに、結果他人にケガを負わせたというもの。
犬にまつわる事件は、本誌『いぬのきもち』の連載にある「犬の事件簿」に数多く紹介されているので、私もそこそこは把握しているつもりでした。
ただ、私が知っているすべての事件は民事事件。
民事不介入とよく耳にするように、警察が関与しているのであれば民事では済まされていないということ。
もちろん、飼い主は意図してそうした事故を起こしたわけではありません。
でも、何かしらの落ち度、過失、未必の故意というやつがなかったのか?
80歳代の飼い主が大型犬2頭を同時にお散歩していること、それ自体そもそも問題はあるように感じたのですが、問題はそれ以外にもありました
何に問題かあったというと、リードの持ち方です。

本誌連載の「犬の事件簿」。毎回興味深い事例が出ている
Can! Do! Pet Dog School

事故を未然に防げないリードの持ち方

私がプロになる少し前から、犬に関係する損害賠償額がどんどんと高額になっていっていました。
出会い頭に犬が他人に吠えつき、ビックリした相手がひっくり返ってケガを負った。犬は相手の体に触れたわけでもないが、なんと1000万円以上の支払い命令が出ていた。
犬がもし相手に飛びかかっていたとしたら、賠償額はさらに跳ね上がっていたはずです。
そうした事実を鑑み、私の教室では22年前の開校当時から、パピークラス(生後4カ月齢以下の犬対象)以外では、事故が起こりにくいリードの持ち方を初回に指導している次第です。

リードのどの位置を、どう持つか?
すなわち、これは安全を担保できるか(事故を防げるか)、という視点が重要ということなのです。
他人への飛びつきを防げること、拾い食いを防げること、飛び出しによる事故を防げること、飼い主が引き倒されないこと。
問題の飼い主は、2頭の2本のリードを結んで一本の状態にし、その一本の状態のリードの中間地点を持っていたということでした。
いずれの事故を防ぐことは難しい、そういわざるを得ません。
ちなみに多くの飼い主は、リードの輪っかの部分に手首を突っ込むだけの持ち方をしています。しかしながらそれとて同様、いずれの事故を防ぐことは難しいのです(伸びるリードも然り/当コラムVol.26参照)。

犬が急にダッシュしたら……、リードの先端を持っていたら飼い主は引き倒れされることも
Can! Do! Pet Dog School

セーフティグリップを作り、そこを握る

すごく短い位置を持っていたら、いずれの事故も防げるかもしれません。しかし、それでは犬の首を吊って歩く結果になってしまい、犬は散歩を楽しめない。
実は、他人への飛びつきも、犬の拾い食いも、飛び出しの事故も、飼い主が引き倒されることも防げ、かつ犬が苦しくない、リラックスしてお散歩が楽しめる位置が、ちゃんと探せばあるのです。
その位置に結び目を作る。その結び目を「セーフティグリップ」と教室では呼んでいます。そして、クラスの初日にそのグリップを作り、以降そこを常に握ってもらうように、指導するのです。
「大変参考になりました」そう言葉を残して、刑事さんたちは帰っていきました。この事件の結末がどうなるのか、どうなったのかは定かではありません。ただ少なくとも、今まで民事で済んでいた犬にまつわる事件が刑事事件として扱われるケースが増えていく、そのことは容易に想像できます。

リードのどの位置を持つか、どう持つか。
読者のみなさんも、ぜひリードの持ち方を再考なされることをおすすめいたします。警察のご厄介にならないためにもね。

犬と並び、左手の肘を直角に。リードがピンと張る位置に結び目を作る。そこがセーフティグリップ。通常は左手を下ろす。犬は首を吊られることなく、お散歩が楽しめる
Can! Do! Pet Dog School
セーフティグリップを握っていれば、いざというとき……、 上 拾い食いが防げる  中 急に引っ張っても耐えられる(飛びつきが防げる)  下 飛び出しが防げる(飛びつきも防げる)
Can! Do! Pet Dog School

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(12才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る