1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 「ウチのコ、人間の言葉がわかる」というのは本当か|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.71

犬と暮らす

UP DATE

「ウチのコ、人間の言葉がわかる」というのは本当か|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.71

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、「犬が本当に人の言葉の意味をちゃんと理解しているのか」に関するお話。テレビで犬が人の言葉を理解しているように振る舞う様子や、「ウチのコは人間の言葉がわかる」という人の言葉は、はたして本当でしょうか? 西川先生がとある有名な刑事ドラマをもとに検証します(編集部)


あるワードに反応して知人を殺すように、2頭の飼い犬をトレーニングする。
犯人は犬と被害者が一緒になるようにお膳立てをして、自身は遠く離れた別の場所にいて、電話で被害者にそのワードを口にするように誘導する。
現場には犬と被害者以外は誰もいない。となれば、結果として噛まれた人は死に至ってしまったが、犬が人を噛んだ事故(口咬事故)扱いに。殺人事件とはならないはず。そう犯人は考えていた。
そのカラクリを刑事が推理、暴き、事件を解決へと導く。
これ誰もが知っている海外の刑事ドラマの、とある回のお話。
さてこの話、「犬は人間の言葉を人間のように理解しているわけではなく、特定の音の響き(合図)の後にはどういった行動をしたらいいかを理解しているにすぎない」ということを、ストーリーの鍵にしているといえる。
ということで若干のネタバレはご勘弁願いつつ、今回は少しこの話をネタに。

「殺せ!」と命じても殺さない

刑事はもちろん誰かの指示で、犬が行動を起こしたと確信している。
で、試しに「殺せ!」という言葉を、犬たちに投げかけてみる。でも犬は無反応。
もちろん最終的には、刑事はその攻撃を誘発する合図を突き止める。その合図は、殺人とはまったく関連性のない言葉。
「犬は我々人間が理解する言葉の意味を、人間のように理解しているわけではない」「犬は言葉の本来の意味とは関係なしに、その言葉の音の響き(合図)の後にはどういった行動をしたらいいかを理解する」
脚本を書いた人はそのことをよく理解していて、興味深く思っていたのでしょうね。何せストーリーの鍵としたわけですから。

ドラマに出てくるのはこの犬種。獰猛に見せるために昔は断耳して耳を立たせていましたけど、愛護的視点から今はそれを行わないのが一般的。本来の性格は、獰猛とは程遠い
Can! Do! Pet Dog School

同じ合図で違う行動をとるように

こんな場面も出てきます。
犯人と対峙した刑事を、犯人は過去にトレーニングで教え込んだ殺しの合図を口にして、殺そうとする。
しかし、犬たちは刑事の顔を舐めるという行動をとるのです(この場面ツッコミどころが若干あるのですが……)。
特定の合図Aに反応して特定の行動Bを起こすようにトレーニングしていても、特定の合図Aに反応して別の行動Cを起こすように変えられる。
これまた、特定の合図Aが言葉であれば、その本来の人間が使っている言葉の意味など関係なく、犬は合図を理解するということです。
よく「うちの子は私の言っていること(会話)がちゃんとわかる」って、主張する飼い主がいますが、これ大きな勘違いってわかりますよね。
「オスワリ」の言葉の合図で座るようになった犬を、「座るな」という合図で座るようにもできるし、「ところてん」というワードで座るようにもできる。
犬は言葉の本来の意味を理解しているのではなく、特定の音の響き(合図)の後にはどういった行動をしたらいいかを理解しているにすぎない、そういうことなのです。

なんという刑事ドラマか? さらにヒントを2つ。刑事の飼っている犬の種類は、写真の犬と同じ。そして、この回の日本語タイトルは「薔薇の蕾」
Can! Do! Pet Dog School

わかっているつもりで接することはストレス

「言っていること(会話)ことがちゃんとわかる」って、単なる勘違いならいいのですが、犬にとっては大きなストレスになることも少なくない、それも知るべきです。
私はアメリカ人に英語で話しかけられて、大してわかりもしないのに英語で返したら英語がわかると勘違いされて、その後すごいスピードで話しかけられ冷や汗だらだら……という経験があります。
わかっていないのに、わかっていることを前提でコニュニケーションを取られると、これって言われている方は大きなストレスになる(もっともこのケースは私が悪いわけですがね)。
犬は人間の言葉を人間のようには理解できない、ぜひともそれを理解して彼らとは接してあげてください、ということです。
えっと、ところでその刑事ドラマは何かって?
それを明かすと、若干のネタバレではすまなくなるので、そこはご勘弁を。是非ともご自身で、推理、解決を。

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る