1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 宮古島で生まれた生後約2カ月の野犬の子犬と家族に。トレーニングで苦労の日々も、今では笑い話に

犬が好き

UP DATE

宮古島で生まれた生後約2カ月の野犬の子犬と家族に。トレーニングで苦労の日々も、今では笑い話に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県の宮古島からはるばる東京へとやってきた元野犬の子犬・ぺこちゃん。

笑顔のぺこちゃん
@peko_miyakojima

飼い主さんご家族は、譲渡会で生後約2カ月だったぺこちゃん(♀/取材当時、生後約6カ月)と出会い、初めての犬との生活を送っているそうです。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、ぺこちゃんとの出会いのエピソードなどについて、飼い主さんにお話を伺いました。

ぺこちゃんとの出会い

疲れて寝てしまったぺこちゃん
家族に迎えて1日目の様子。遊び疲れて熟睡中。
@peko_miyakojima

宮古島で生まれて野犬として生きていたぺこちゃん。捕獲されて宮古島の保健所に収容されていましたが、保護団体の方がぺこちゃんを引き出したのだそう。

その後、ぺこちゃんは飛行機に乗って東京で活動をしている保護ボランティアさんのところに迎えられ、家族になってくれる人を待っていたそうです。

おもちゃで遊ぶぺこちゃん
家族に迎えて2日目の様子。この日もおもちゃで楽しく遊んでいたそう。
@peko_miyakojima

そして、生後約2カ月のときに参加した譲渡会で、飼い主さんご家族と出会うことになったぺこちゃん。

飼い主さんによると、ご家族はもともと猫派だったそうですが、「犬を家族に迎えよう」と思ったときに出会ったのがぺこちゃんだったといいます。

リラックスするぺこちゃん
家族に迎えて9日目の様子。
@peko_miyakojima

飼い主さん:
「我が家は夫婦共に猫派で、子どもが産まれる前は猫を飼っていました。途中で保護猫の存在を知り、家族に迎えたいと思ったのですが、当時一緒に暮らしていた愛猫は多頭飼いに向かない性格だったんです。

今回は難しくても、『もし次に猫を家族に迎える機会があれば保護猫を』という思いがありました」

見つめるぺこちゃん
@peko_miyakojima

飼い主さん:
「そして先住猫が亡くなり、一番下の子どもが小学生になって『動物を家族に迎えたい』と言いだした頃のことです。

子どもたちの手が少し離れて、私も在宅でできる仕事を始めていたのですが、幼稚園の送迎がなくなったこともあり、ものすごい運動不足で…。

これはまずいなと思い、『私と一緒にお散歩をしてくれる犬を迎えよう。迎えるなら保護犬を!』と考えるようになったのです」

初めての犬との生活。トイレトレーニングで苦労した日々は、今では笑い話に

笑顔のぺこちゃん
@peko_miyakojima

人も犬も大好きだというぺこちゃん。譲渡会で初めて会ったときから、しっぽを振りながら「抱っこ抱っこ!」とせがんでくるほど甘えん坊で人なつっこかったのだとか。

また、人のことをよく観察しているそうで、飼い主さんご夫婦の一番下のお子さんのことを「子ども」と認識しているのか、遊んでいても手加減しているような様子だそう。

くつろぐぺこちゃん
@peko_miyakojima

とても賢いぺこちゃんですが、迎えた頃のトイレトレーニングにはかなり苦労したのだとか。最初の1カ月程はトイレトレーニングがうまくいかず、犬と暮らすのが初めてだったご家族は、ジョイントマットをひたすら外しては洗う日々に愕然としたといいます。

飼い主さん:
「夫が仕事から帰宅すると、ジョイントマットの虫喰い具合で『今日はマットがたくさん残っているけどうまくいったの?』『天気がよかったから洗ったのが乾いただけだよ』なんてやりとりをよくしていました(笑)」

くつろぐぺこちゃん
@peko_miyakojima

飼い主さん:
「ニオイが残ったらいけないと思いマットを洗剤でよく洗うので、私の手の荒れが酷くて…ずっとこのままなのかと不安になることもありました。

しかし、トイレを失敗する場所がわかってきてからは、『失敗する場所すべてにトイレを置いてしまおう』と、いろいろトイレを買っていたら、3つ目のトイレがぺこのお気に召したようで。

今は立ち位置を失敗しなければ室内トイレをマスターしました!

トイレトレーニングで苦労した日々のことは、今では家族の間で笑い話になっているそうです。

ぺこちゃんとのお散歩は毎回とても新鮮

笑顔のぺこちゃん
@peko_miyakojima

「私と一緒にお散歩をしてくれる犬を迎えよう」と思ったことがきっかけで、ぺこちゃんと出会えた飼い主さん。

ぺこちゃんとは朝夕2回散歩に出ているそうですが、毎回いろんなことが起こるので新鮮でとても楽しいといいます。

長い葉っぱを見つけたぺこちゃん
長い葉っぱを拾ってご機嫌♪
@peko_miyakojima

たとえば、お散歩中に見つけたお気に入りの木の枝をくわえて運んだり、知っている道に出るとピンとしっぽを立てて早歩きになったり。

真剣にニオイを嗅いでいたり、何かに反応して立ち止まったり、「その道はイヤだ!」と座り込みをするので引き返すと、途端に元気に歩き出したり。

ぺこちゃんとのお散歩の時間は、飼い主さんにとって楽しくて幸せな時間なようです。

くつろぐぺこちゃん
「今日の耳ポジ」
@peko_miyakojima

最後に、ぺこちゃんへの思いを飼い主さんはこのように話します。


飼い主さん:
「ぺこと一緒に旅行にも行きたいので、パーキングエリアなど、どんな場所でもストレスなく歩けるように現在練習中です!

私はぺことのお散歩が本当に大好きなので、シニア犬になっても元気に歩けるように、ぺこの体に気を遣いながらたくさんお散歩をしようと思います」

見つめるぺこちゃん
お耳ピン!!
@peko_miyakojima

ぺこちゃんは今日も元気に、飼い主さんとのお散歩を楽しんでいることでしょう。ぺこちゃんと過ごす楽しい日々の様子は、ぜひ飼い主さんのTwitterでもご覧ください。

写真提供・取材協力/@peko_miyakojimaさん
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る