1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 大型犬のしつけはプロに習うのが常識だったのに、なぜ変わったのか|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.136

犬が好き

UP DATE

大型犬のしつけはプロに習うのが常識だったのに、なぜ変わったのか|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.136

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
西川先生によると、コロナ禍で犬を飼う人が増え、大型犬の数も増えたそう。昔は大型犬を飼ったらしつけをプロに習うのが常識でしたが、今はそうする人が少ないとか。なぜなのでしょうか?(編集部)


犬のトレーニングのプロに、ご自身の犬のトレーニングの手ほどきを受けたことがあるか。
そうした主旨の問いに答える調査の結果(うちうちの調査で未公開)を、過去に何回か聞いたことがあります。
対象も、サンプル数も異なる、別々のアンケート結果なので、単純比較はできないのですが、2000年前半から2010年前半までの流れでは、6%→3%→1%と減っていったということを記憶しています。
犬の飼育頭数は、リーマンショック前後までは右肩上がりでしたが、プロに犬のトレーニングの手ほどき受けたことがある飼い主の比率は減っていった。
それはなぜなのか?
もちろんそこには理由があります。

大型犬はプロの学ぶ、かつてはそれが常識だった

コラムvol.69で記したように、日本におけるコンパニオン・ドッグに育てるためのトレーニングは、90年代後半から広がることになります。
90年代初頭、バブル末期にゴールデン・レトリーバー(以下ゴールデン)のブームがあり、当時は訓練所に預けるのが常識だったが、その方法ではイメージしたコンパニオン・ドッグにならないことがわかり、家庭犬しつけインストラクターの養成をJAHA(公益社団法人日本動物病院協会)が始めたことは、過去に記した通りです。
訓練所に預けなくとも大型犬にはプロの手ほどきによるトレーニングが不可欠。そうした考えは、2000年の初頭ごろまでは、ある意味常識でした。
私の教室の話をすれば、当時ひとつのクラスに数頭のラブラドール・レトリーバー(以下ラブ)がいたこともありました。2001年〜2002年にはラブのブームがあったからです。
コンパニオン・ドッグに育てたい。訓練所に預けることではその願いは叶わないが、コンパニオン・ドッグに育てるためには、何かしらのプロの手ほどきによるトレーニングは必要。それが常識だったのです。

2002年のとあるクラスの写真。当時は全員がラブとゴールデンといったクラスも。ちなみにJKC(ジャパンケネルクラブ)のデータによると2001年、2002年ともに、ラブは犬種別犬籍登録頭数5位、ゴールデンは7位
Can! Do! Pet Dog School

減っていく大型犬の比率

先程「犬の飼育頭数は、リーマンショック前後までは右肩上がり」と記しましたが、飼育頭数が増えていった理由は、ペット可の集合住宅が増えていったからに他なりません。
ペット可の集合住宅が増えることで、犬の飼育頭数は増えていった。ただペット可の集合住宅には、廊下やエレベーター、エントランスなど、共有スペースは抱いて移動するといった規約が、必ずある。
たとえ大きさの制限が設けられていなくとも、必然的に大型犬は飼えないことになります。
犬の飼育頭数全体は増えたといっても、それは小型犬の数が増えていったということ。結果、大型犬の比率は逆に減っていったのです。
大型犬の比率が減っていけば、必然的にプロに学ぶ人の比率は減っていく(番犬が主流の時代は、大型犬以外はプロに学ぶ必要がなかった)。当然の帰結となるわけです。

コンパニオン・ドッグを望むならトレーニングは不可欠

リーマンショック以降は飼育頭数が右肩下がりに転じます。
大型犬の比率ばかりか絶対数も、減っていきます。いつしか、大型犬を飼うのならプロの手ほどきによるトレーニングは不可欠、といった常識も忘れ去られていったようです。
なんでこんな話を今回しているかいうと、かなり困った状態で相談に来る大型犬の飼い主が増えていると最近感じるからです。
リビングでまったり過ごし、どこにでも連れていける、楽しい時間を共有できる、そうした犬に育てるためには、社会化を中心にしたパピーの時期からのトレーニングは不可欠です。大型犬だからという話ではないのですが、大型犬には絶対的に不可欠なのです。
引っ張り、飛びつき、この2点だけ取り上げても、飼い主、及び周囲が、大型犬の場合は危険を伴うこととなるからです。
大型犬にはプロの手ほどきによるトレーニングが不可欠、そうした常識がいつしか忘れ去られ、そんななか、コロナ禍で犬を飼い始める人が増え大型犬も増えてきた。
大型犬の場合は特に、成長に従い危険すら伴う問題が次々と顕著化してくる。そこで慌ててプロに相談する。まぁ、そういうことなのでしょう。

え? 大型犬を飼い始めたけど、プロの手ほどきによるトレーニングのことは考えていない? トレーニングを始めるのはまだまだ先と考えていた?
いえいえ、今日からでもプロに犬のトレーニングのてほどきを受けるべきですよ(訓練士ではなく家庭犬のインストラクターにですが)。
まぁ悪いことは言いませんから。

予防に勝る治療なし。将来困らないためには、好ましい行動をたくさん教える必要がある(犬のサイズは関係なし)。まずは家庭犬のしつけインストラクターの手ほどきを
Can! Do! Pet Dog School

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(17才)、鉄三郎くん(12才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る