1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 幼い頃の大吉【穴澤賢の犬のはなし】

幼い頃の大吉【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼い頃の大吉

いぬのきもちweb

福助の子犬時代から現在に至るまでの変化の話を書いたので、大吉のことも振り返ってみよう。

いぬのきもちweb

前回は福助がわが家に来たころの話をしたが、思い返すと大吉は正反対だった。家に連れて帰った瞬間から警戒心のかけらもなく、無防備に「こてん」と寝ていた。悪さもほとんどせず、トイレもすぐに覚え、子犬時代に手を焼いた記憶がほとんどない。

いぬのきもちweb

幼い時期特有のやんちゃさはあったが、富士丸で大型犬の幼少期を経験している私からすれば、たかがしれている。大吉は本当に手のかからない「よいコ」だったように思う。それは今も変わらない。福助とはえらい違いだ。同じ犬でもこんなに違うのかと驚く。

いぬのきもちweb

何より、ひいき目もあるが子犬時代の大吉はとにかくかわいかった。第一印象こそ「(写真で見たより)白くない」だったが、整った顔で、しぐさも何もかもが愛おしく感じた。富士丸の死後、触れなくなっていた一眼レフに再び手を伸ばしたのも、その姿を写真に残しておきたかったからだ。

いぬのきもちweb

拙著「またね、富士丸。」の文庫版のあとがきにも書いたが、大吉が来てからの心の変化は相当なものだった。大吉が来る前も、普通に生活していたし、笑ったりもできるようになってはいた。が、なんとなく「灰色の世界」にいるような感じだった。ただ、当時はそんな自覚はあまりなかった。

いぬのきもちweb

大吉がそばにいることによって、目に見える世界がみるみる彩りを取り戻したため、後になってそれが灰色だったとはじめて気づいたような感覚だ。今は目標や夢もあるし、まだまだやりたいことはたくさんある。「灰色の世界」にいたころは、そんなものはまったくといってもいいほどなかった。

いぬのきもちweb

考えてみれば、大吉がいなければカヤックフィッシングもやっていないだろうし、そもそも鎌倉に移り住んだりもしていないのではないのかと思う。別に海の近くに引っ越したのは大吉のためではないが(彼は海にまったくときめかない)、そんな意欲も湧いてこなかっただろう。

いぬのきもちweb

そういう意味で、大吉は私の生き方に大きな影響を与えている存在といえる。いってしまえばたかがミックス犬なのに、すごい力を持っているんだなと改めて思う。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る