1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 定められた愛情の量【穴澤賢の犬のはなし】

定められた愛情の量【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定められた愛情の量

いぬのきもちweb

犬と暮らしていると、彼らが愛情を敏感に感じ取っていることがよくわかる。そして、その「量」さえ、わかっているような気がする。たとえばわが家の場合……。

いぬのきもちweb

犬を見ると、しっかりと愛情を注がれているのか、そうでないのかはわかる。前者の表情は豊かで毛ヅヤもいいのに対し、後者、たとえば新しい飼い主を募集中の犬は無表情でどことなく所在なさげだったりする。保護団体に愛情がないという意味ではなく、ある特定のあたたかい家庭で暮らしているかどうかで、犬はびっくりするほど見た目が変わる。

いぬのきもちweb

わが家も出来る限りのことはしているつもりだが、大吉と福助はときどき不満そうな態度を見せることがある。私は家で仕事をしているが、打ち合わせなどで出かけることもある。そういう予定が重なると、週に何日も家を空けることになる。都内だと、行って帰って来るだけで結構な時間になる。

いぬのきもちweb

もちろん、ゴハンや朝夕の散歩といった最低限のことはするが、よく出かける週はふだんに比べて「ほったらかしている時間」が長くなる。そうすると、帰宅したときの「当たり」が強くなるのだ。大吉も福助もしっぽは振っているものの、ドーンとぶつかってきて「どこ行ってたんだよ!」とでも言いたげな表情を見せる。

いぬのきもちweb

面白いのは、出かける頻度がある一定量を超えるとそうなることだ。週に1日、5〜6時間程度なら許容範囲内のようだ(近所への買い物など、ちょっとした外出は除く)。それが週に3日くらい重なると、当たりが強くなってくるのだ。彼らの態度から「ちょっと、最近ほったらかしすぎじゃない?」という不満が伝わってくる。夜も、いつもなら寝室へ行く時間になっても、リビングで私のそばにいたりする。

いぬのきもちweb

最初は気のせいかと思った。が、何度も検証しているうち「週に3日以上はアウト説」が濃厚になりつつある。そうした面から、大福独自の「ほったらかされている時間」の許容範囲があるのではないかと思う。逆に言えば、彼らが設定した愛情の量があり、それが満たされないと不満が爆発するのではないかと推測している。

いぬのきもちweb

だから外出が重なった週はなんとなく罪悪感もあり、なるべく彼らが喜びそうなところへ遊びに行くようにしている。どうやらこれで「リセット」されるようなのだ。そうすると、また自分らだけ先にさっさと寝室へ行くようになる。わかりやすい奴らだなぁ、と思う。

いぬのきもちweb

※ノーリードOKの私有地で撮影しています

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る