1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 柴犬マロたんのママ、獣医さんにこっぴどく叱られました…(反省中)

柴犬マロたんのママ、獣医さんにこっぴどく叱られました…(反省中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎回書いていますが、今回も書きますよ。暑い!暑すぎます。マロたんは部屋の中でもいちばん涼しい場所で一日中涼んでいます。夜も気温が下がらないし、アスファルトも冷めないのでお散歩は朝だけです。

マロたんも連日の猛暑のせいで溶けています。(本当はあくびをしたところ)

ソファーの上は、エアコンの冷風がよく届いて涼しいと知っているマロたん。

マロたんのために快適な環境を整えることは、飼い主の義務と責任ですもの。でもね、わたしこの夏にやらかしたんです…。

「ママがせんせいにしかられました!」

そうなんです。以前にも書いていますが、マロたんは食物アレルギー持ちで昨年からアポキルと言うお薬を飲んでいます。このお薬マロたんには良く効いて、飲ませるとかゆみがピタリと止まります。

「綺麗な毛並みなのに、どこがアレルギーなの?」と質問されることもあります。マロたんの場合は、目と口の周囲を掻きむしり、ハゲたりジュクジュクになってしまいます。この写真ではわかりにくいかも?

ここがジュクジュクになっています。
「お薬飲んでるのにジュクジュクなの?」と、疑問に思われたあなた、正解です。こうなったのはわたしが勉強不足だったからです。

(なんか長い)

アポキルと言うお薬を飲み始めて半年ほど経った頃、先生が「症状は落ち着いているし、痒がってる日だけ飲ませてみようか。飲ませるタイミングは飼い主さんに任せる。徐々に飲ませない日を増やして行こう」とおっしゃったので、そのとおりに実行したところ、しばらく飲まなくても良い期間が2ヶ月ほどありました。

その時に先生は「飲まなくて良くなったね。でも、8割ぶり返すから気をつけてね。」と言われ、まさにそのとおりになりました。
そして、1日2回の服用を4週間続け、1日1回の服用を2週間続けたところで、まったくかかなくなったので、今回も徐々に減らせば良いのだと勝手な判断をしてしまいました。

そして、またぶり返した痒み。
病院に行き「また痒くなったみたいです。」と伝えると、先生は「当たり前だよ!勝手に減らしたり止めたらダメじゃーん!」と。「でも、この前は減らして行けたから」と言い訳すると、「あれは半年飲んでたから出来たの。自分で薬減らして効かなくなっちゃうことたくさんあるんだよ。これからは絶対やめてね。」と。

マロたんには副作用は出ないし、痒みにも良く効くアポキルが効かなくなることになるなんて…。そんなことまで考えが及びませんでした。
明るく楽しい先生なので、笑いながら「ダメじゃーん」とおっしゃっていましたが、きっとダメな飼い主に心の中でためいきついたかも。申し訳ない。


マロたんはお薬が苦手なのに、また1日2回飲まなきゃいけなくなりました。病院も苦手なのに、しばらくは毎週通院しなくちゃいけないし、飼い主のせいで負担が増えてしまいました。きっとマロたんは「しかたないですね。」と頑張ってくれます。だからこそ申し訳なくて、自分が情けない。

悲しくなったので、マロたんのおしっぽを見て心を落ち着けよう。よし。

以前のかかりつけの先生は、「痒がってハゲました。」と病院に連れて行っても、「お薬が必要な状態とは言えません。食生活を見直してください。」と言われるだけでした。一日中掻きむしっているのに…血も出ているのに…と、悩んで今の病院でセカンドオピニオンを受けたのです。

その時に先生は、「一見綺麗な柴ちゃんだけどね。痒がってるんだよね?じゃあ、痒み取ってあげようよ。いちばんこの子のことをわかっている飼い主さんが”痒がっている”って言うんだから、僕は治してあげたいと思う。」とアポキルを処方してくださいました。
初めてアポキルを飲ませた日、マロたんがよく眠ったことを伝えると、「今まで痒くて眠れていなかったんだと思うよ。」と。ああ、先生ありがとう。ごめんなさい。

これからマロたんのためにも、自分のためにも、もっともっと気をつけてこのもふもふを守って行きます。
あとは、マロたんのために仕事を頑張って医療費を稼ぎます。…アポキル高いのです(・・;

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る