1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 恐るべき大吉の洞察力「穴澤賢の犬のはなし」

恐るべき大吉の洞察力「穴澤賢の犬のはなし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恐るべき大吉の洞察力

犬と暮らしている人は知っていると思うが、彼らのカンは鋭い。期待もあるのかもしれないが、旅行に行く準備をはじめると、何も言っていないのに早い段階から察知して「どっか行くんだよね?ヤッター!」という顔で大喜びする。

支度している横でうろちょろされると邪魔だし、ずっと「まだ?まだ行かないの?」という目で催促されるものなんなので、わが家ではなるべく出かける直前に準備をはじめるようにしている。それなのに、大吉の洞察力が恐ろしくなることがある。

たとえば山の家に行く場合、渋滞を避けるためだいたい金曜の夜に腰越(神奈川県鎌倉市)を出発する。大吉は山の家が大好きなので(もちろん福助も)、行けるとわかるとめちゃくちゃ大喜びする。彼はどうも曜日も感覚があるらしく、何もなくても金曜になると、ちょいちょい「今週は行くのかなぁ」という顔で探りを入れてきたりする。

大吉はかなり敏感なので、行くとしてもバレないよう昼間は何の準備もしない。断っておくが「今日は山に行こうね」なんてまず言わない。冗談でもなんでもなく、バレるとテンションがあがって面倒くさいので、本当に気づかれないよう注意している。山に行くのは私も楽しみだが、顔にも態度にも出さないよう気をつけている。

クーラーボックスや着替えなど「旅行感」がある荷物の準備はなるべく直前にするが、スマートフォンの充電器など「忘れたら困る系」は夕方くらいに、こっそりバックに入れたりする。この前の金曜だった。リビングでゴロゴロしていたはずの大吉が、それを見た瞬間「ん?」と起き上がり「今何した? もしかして、山行く?」と目で問いかけてきた。

内心「え?なんで気づいた?」とドキドキしたが、知らん顔で無視していた。それでも、わざとらしくノビをしては「ね、行くんだよね?」とジロジロ見てくる。なぜ、充電器をバッグに入れただけでバレたのか。いつも使っているバッグだったのに。まぁ、充電器は普段まず持ち歩かないが。しかし、大吉が充電器を認識しているとは思えない。

「なんなんだコイツ」と思うが、その頃には大吉の様子を見て察知した福助も「行くんだよね?」という顔になっている。念の為に断っておくと、先に写真を撮ったわけではない。あまりに驚いたので「これは証拠写真を撮っておかないと」と後から慌ててシャッターを切ったのだ。なんでわかったんだろう。恐るべし、大吉。



プロフィール
穴澤 賢(あなざわ まさる)
1971年大阪生まれ。株式会社デロリアンズ代表。2005年、愛犬との日常をつづったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムを執筆するようになる。著書に『ひとりと一匹』(小学館文庫)、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック『Another Side Of Music』(ワーナーミュージック・ジャパン)、愛犬の死から一年後の心境を語った『またね、富士丸。』(世界文化社)、本連載をまとめた『また、犬と暮らして』(世界文化社)などがある。
ブログ「Another Days」


大吉(2011年8月17日生まれ・オス)
茨城県で放し飼いの白い犬(父)とある家庭の茶色い犬(母)の間に生まれる。飼い主募集サイトを経て穴澤家へ。敬語を話す小学生のように妙に大人びた性格。雪と花火と暴走族が苦手。せっかく海の近くに引っ越したのに、海も砂浜もそんなに好きではないもよう。

福助(2014年1月11日生まれ・オス)
千葉県の施設から保護団体を経て穴澤家へ。捕獲されたときのトラウマから当初は人間を怖がり逃げまどっていたが、約2カ月ほどでただの破壊王へ。ついでにデブになる。運動神経はかなりいいので、家では「動けるデブ」と呼ばれている。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る