1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 意外?あの人気犬も!オオカミに近い犬種とは

意外?あの人気犬も!オオカミに近い犬種とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オオカミを祖先にもつ犬の中で、遺伝子がオオカミに近い犬種を原種グループと呼んでいます。犬の起源は中央アジアと解明されているだけに、原種グループはアジアや中東生まれの犬種が多いのが特徴。
西欧に比べて、交配によって特定の犬種を作り出そうとする文化が薄かった地域の犬たちに、原種の血が残されているとも考えられています。
原種グループには、どんな犬がいるかというと……

例えば柴。
日本生まれの犬種のなかではいちばん古い歴史をもつといわれています。立ち耳をピンと立てて、キリッとした目の柴はオオカミに似ていると思いませんか?

同じく原種グループのサルーキは紀元前7000年の彫刻にも姿が描かれていた優美な犬種。
大きな瞳と、凛としたたたずまいがオオカミの雰囲気と似ていますね。
イタリアン・グレーハウンド、ゴールデン・レトリーバーなど、さまざまな犬種の祖先として交配されていたそう。

シベリアン・ハスキーの瞳の色が薄いのはなぜ?

原種グループの犬のなかでも、オオカミ似といって挙げられるのはシベリアン・ハスキー。
シベリアの孤立した土地で、そり犬として3000年にもわたって代を重ねてきた犬です。

ところでこのハスキー、青や緑など目の色が薄いのも特徴です。
これってなぜだかわかりますか?
それは、日光があまり差さない北国で暮らすうち、目を日光から守る色素の生成が抑えられててきたためと考えられています。

ルーツを知って、しつけに役立てよう

原種グループの犬は、オオカミに近いだけに気まぐれさや野性味が残っている犬種も多いです。しつけを教える際は集中力が途切れないように、短時間で進めるのがポイントになりそう。
愛犬の犬種のルーツを知っておくと、しつけにも役立ちそうですね。

参考/「いぬのきもち」2016年1月号『犬種ツリーから知る愛犬のルーツ』(監修:東京大学大学院農学生命科学研究科獣医動物行動学研究室准教授 武内ゆかり先生、相模大野プリモ動物病院院長 玉原智史先生)
文/\(m.h)/

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る