1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 譲渡会で出会った保護犬が、少しづつ家族に甘えるようになるまで

譲渡会で出会った保護犬が、少しづつ家族に甘えるようになるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション」の活動を紹介します。

※保護犬、飼い主さん、お話を伺った方々の情報は2018年6月11日現在の情報です

1回目の記事|最後まで残る中・大型犬を救うために「神奈川ドッグプロテクション」がしていること

一頭を新しい縁へ導くことができたら、別の命を救える

殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション(以下、KDP)」からOさん一家がミックスのサルサちゃんを迎えたのは、今から2カ月ほど前のことでした。新しい家に引っ越したOさん一家は、犬と暮らせる環境が整ったこともあり、犬を迎え入れたいと家族で話すようになったのです。

「犬を飼うときは保護犬を」と考えていたOさん一家は、月に2回行われているKDPの譲渡会に、子どもたちとともに半年間ほど通いました。サルサちゃんとOさん一家は譲渡会に通い始めて5カ月ほどたったころに出会い、表情がかわいらしいサルサちゃんのことを家族みんなが気に入ったそうですが、当初は引き取ることにためらいがあったと言います。


休みの日はできる限り家族でいっしょに散歩へ。サルサちゃんも楽しそう

「KDPのシェルターの犬たちはみんな幸せそうに見えたから、このままシェルターにいたほうが幸せなのではないかと思い、わが家で引き取ることを躊躇(ちゅうちょ)していたんです。でも、何度目かの譲渡会のときスタッフの方にこう言われました。『このコたちに新しい縁が見つかったら、また新たに救える命があるんです』と。この言葉が私たちの背中を押してくれました」


ベランダはサルサちゃんの好きな場所のひとつ。お母さんには歯みがきも静かにさせてくれるそう

サルサちゃんは怖がりなところがあり、苦手なことがあるといちばん心を聞いている娘さんの部屋に逃げこみます。息子さんやお母さんにも少しずつ甘えるようになったサルサちゃん。でも、なぜかお父さんのことはまだ少し怖いようで、たびたび吠えることがあるのだとか。それでもみんなで散歩に行くときのサルサちゃんは、とてもうれしそうに瞳を輝かせます。


怖がりなサルサちゃんだが、娘さんといっしょなら安心して階段を下りることができる


サルサちゃんが手すりの隙間から落ちることがないように、階段にはネットが張られている

「家にいてもしっぽを丸めてまだ警戒しているようなので、早く家に慣れて自由に動き回ってほしいです。そしてもっとサルサと仲よくなりたいです」。サルサちゃんに寄り添うOさん一家のまなざしは、愛犬へのやさしさにあふれていました。

この日は海辺までお出かけして、波打ち際をゆっくり散歩した

出典/『いぬのきもち』2017年4月号
取材・撮影・文/尾﨑たまき

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る