1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. に、似ている?? シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュート

犬が好き

UP DATE

に、似ている?? シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュートは近縁と考えられ、見た目がよく似ているといわれています。なかには、うまく見分けられないというかたもいるのではがいでしょうか。そこで今回は、両者それぞれの魅力や特徴、見分ける際のポイントについてご紹介します。

シベリアン・ハスキーってどんな犬種?

シベリアン・ハスキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

オオカミのようなワイルドな見た目が魅力のシベリアン・ハスキー。北極点周辺にいるエスキモー犬の一種で、シベリア北東部の遊牧民チュクチやイヌイットの物資を運ぶ「そり犬」として飼われていました。

そり犬のなかでは比較的軽量で、活発でエネルギッシュな犬種といわれていますが、慎重で控えめな一面も。また、独立心が強く頑固な部分もあるので、飼う場合は十分なしつけが欠かせないでしょう。

アラスカン・マラミュートってどんな犬種?

アラスカン・マラミュート
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

同じくオオカミによく似た顔立ちをもつのが、アラスカン・マラミュートです。
北極のそり犬としては最古の犬種のひとつといわれ、現在につながるルーツは、アラスカ・エスキモーのマラミュート族に飼われていた、そり犬や猟犬とされています。

ワイルドな見た目ながらその性格は人なつっこく愛情深いといわれ、家庭犬としても人気のようです。ただし、体が大きく体力も豊富なので、飼う場合はそれに見合った運動量が必要となるでしょう。

シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュート、見た目のポイントはココ!

そんなシベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュートの大きな違いといえば、「体の大きさ」でしょう。

シベリアン・ハスキーは「中型犬」

シベリアン・ハスキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シベリアン・ハスキーは中型犬に分類される犬種で、オスの標準体高は53.5~60cm、標準体重は20.5~28kg程度。一方、メスはオスよりも少し小さく、標準体高は50.5~56cm、標準体重15.5~23kgほどとされています。

アラスカン・マラミュートは「大型犬」

おしゃれをした アラスカン・マラミュート
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

アラスカン・マラミュートは大型犬に分類される犬種で、オスの標準体高は63.5cm前後、標準体重38kg前後です。アラスカン・マラミュートもメスのほうがやや小さく、標準体高は58.5cm前後、標準体重34kg前後とされています。

このように、アラスカン・マラミュートはシベリアン・ハスキーより一回り大きい体つきをしているので、両者並んでいるところを見れば違いは歴然でしょう。

認められた「毛色の種類」にも違いが

シベリアン・ハスキーは、ブラックから純白まですべての毛色が認められていますが、アラスカン・マラミュートの場合は、ブラックやライトグレー、セーブル、レッドなど、さまざまな毛色が認められているものの、すべては認められていません。この点も両者の違いといえるのではないでしょうか。

見分けるときは「体の大きさ」と「毛色の種類」に注目して!

シベリアン・ハスキー
シベリアン・ハスキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュートには、見た目が似ていますが、「体の大きさ」や「毛色の種類」に違いがあることがわかりました。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『シベリアン・ハスキーの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 危機管理学修士 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『アラスカン・マラミュートの特徴と性格・価格相場|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 危機管理学修士 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で「シベリアン・ハスキー」「アラスカン・マラミュート」として投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る