1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬が「一緒にいたい人」の4つの特徴 大切なのはコミュニケーション?

犬が好き

UP DATE

犬が「一緒にいたい人」の4つの特徴 大切なのはコミュニケーション?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きな愛犬には「飼い主さんと一緒にいたい」と思ってほしいものですよね。今回は、犬が一緒にいたい人の特徴を4つご紹介します。犬に愛されるのはどういった人なのかを知り、愛犬との絆をさらに深めるための参考にしてくださいね。

犬が「一緒にいたい人」の4つの特徴

笑顔がかわいい柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が「大好き」「一緒にいたい」と感じるのは、犬にとっていいコミュニケーションをしてくれる人です。いいコミュニケーションができる人とはどういう人なのか、まずは4つの具体的な特徴を見ていきましょう。

犬に好かれる“いいコミュニケーション”ができる人とは

  1. 行動をたくさんほめてくれる人
  2. 嫌がることを無理にしない人
  3. たくさんスキンシップをしてくれる人
  4. 楽しく一緒に遊べる人

犬は「楽しい・うれしい・安心する」などの気分にさせてくれる人に好感をもちます。飼い主さんが上記のようないいコミュニケーションを取れると、犬の「好き」という心理がはたらき、飼い主さんのそばにいることが幸せに。その結果、飼い主さんを見つめる・近くに寄ってくるといったしぐさが見られるようになるでしょう。

犬が「一緒にいたくない」と感じる人とは?

幸せそうな表情のポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

反対に、犬に「この人とは一緒にいたくないな」と思われてしまう人には、次のような特徴が見られます。

犬が「一緒にいたくない」と感じる人の特徴

  • イイコにできないと叱る
  • 嫌がることを無理強いする
  • スキンシップをしない
  • 一緒に遊ばない など
  • このような接し方をする飼い主さんには、「一緒にいても楽しくない」「怖いから関わりたくない」などの気持ちがはたらき、一緒にいることが嫌になります。その結果、飼い主さんを見ない・離れようとするなどの行動が見られるように。

    好かれすぎてもNG?「分離不安」に要注意

    自然に囲まれたシー・ズー
    いぬのきもち投稿写真ギャラリー

    犬に「飼い主さんと一緒にいたい」と思われるのは素敵なことですが、一緒にいるときには普通の様子でも、飼い主さんと少しでも離れてしまうと不安を感じ、吠える・パニックになる・そそうをするなどの問題行動を起こす場合は注意が必要です。

    このような行動を起こす病気を「分離不安」といいます。分離不安にならないためには、愛犬のおねだりには応じず、飼い主さんが主導してスキンシップや遊びを行うといいでしょう。

    いいコミュニケーションができる飼い主さんになろう

    ボールと遊ぶ柴犬
    いぬのきもち投稿写真ギャラリー

    犬にとって嫌なことを無理強いしないのはもちろん、スキンシップをする・遊ぶ・ほめるなどのコミュニケーションができる人が、犬に好かれる飼い主さんといえます。ご紹介した特徴を参考にして、愛犬に一緒にいたいと思ってもらえる飼い主さんになりましょう!

    参考/「いぬのきもち」2018年6月号『愛犬の心理学』(監修:帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科准教授 加隈良枝先生、「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
    文/松本マユ
    ※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
    ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

    CATEGORY   犬が好き

    UP DATE

    関連するキーワード一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    人気テーマ

    あわせて読みたい!
    「犬が好き」の新着記事

    新着記事をもっと見る