1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 約4割の飼い主さんが勘違い!「やめなさい!」と愛犬を叱るのがNGなワケ

約4割の飼い主さんが勘違い!「やめなさい!」と愛犬を叱るのがNGなワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いぬのきもちweb

「うるさい!」
「ダメ!」
「やめなさい!」

愛犬がいたずらをしたり、言うことを聞かなかったときに、つい否定的な言葉で叱ってしまうことはありませんか?

いぬのきもち編集室が飼い主さんにアンケート調査を実施したところ、44.3%が「否定的な言葉で叱ることがある」と回答しました。

いぬのきもちweb

アンケートに寄せられた飼い主さんの声を見てみると……

「ダメなのははっきりダメと伝えます」

「たまにありますが、後から私自身、反省します。また、倍で可愛がります‼」

「ごくまれに、生ゴミ荒らしや書類ビリビリ紙吹雪やられると怒ってしまい、カッとなると『バカ犬』といってしまう。本人がバカ犬呼ばわりされるのを嫌いなのをわかっていながら、あえていっちゃいます」

「ダメな飼い主ですが……無駄吠えされると怒ってしまいます」

飼い主さんが望まない行動をしたときに、愛犬に向かって感情的な言葉を使って叱ることもあるでしょうが、じつは……NG行為なのです!

その理由を解説していきますね。

否定的な言葉で叱られたときの、愛犬のキモチ

いぬのきもちweb

「うるさい!」「ダメ!」「やめなさい!」のように、否定的な言葉で叱られたとき、犬はどのようなキモチなのでしょうか。

じつは、犬はそうした言葉の意味を理解できていないのです。逆に、犬を興奮させて、行動をエスカレートさせている可能性も……。

正しい愛犬の叱り方は、まず「犬のキモチを考える」こと!

では、愛犬がいたずらなどをしたとき、どのように注意すればよいのでしょうか? まず、愛犬を叱る前に、飼い主さんは次のようなことを考えてみて!

・愛犬がなぜ吠えているのか
・愛犬がなぜ噛んでくるのか


このように、愛犬がなにに対してこうした行動をとるのか、犬のキモチになってみましょう。

そして、やめさせたい行動については、


「落ち着いて」
「静かに」


など、肯定的な言葉で叱るようにするのがポイントです◎ また、言うことを聞けた場合は、愛犬のことをほめてあげましょうね。

いぬのきもちweb

「否定的な言葉で叱っても、犬は意味を理解できない。逆効果の場合もある」ということを、飼い主さんはぜひ覚えてくださいね!

『いぬのきもちアンケート vol.3』
出典/「いぬのきもち」2017年9月号『いぬのきもちオープンキャンパス第2回 柴太郎・ブル太と考える 愛犬のQOL』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る