1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. お手入れ
  4. シャンプー・お風呂
  5. 雨や湿気の多い時期の注意点は?愛犬のお散歩後のお手入れ

犬と暮らす

UP DATE

雨や湿気の多い時期の注意点は?愛犬のお散歩後のお手入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨が降りやすく湿度が高い梅雨どき。全身を被毛でおおわれている愛犬たちは、体が蒸れやすいことからニオイがしたり、皮膚のトラブルを引き起こしたりしてしまうことがあります。そんな梅雨どきは、お散歩後のケアにも気をつけたいもの。今回は、愛犬のお散歩後のお手入れについて解説します。

蒸す日のお散歩後はブラッシングで通気性をアップ!

ミニチュア・ダックスフンドのみにちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

雨上がりや蒸す日の散歩のあとは、ブラッシングをしてあげましょう。ピンブラシで寝ている毛をとかすと、毛の汚れや抜け毛が取れると同時に、寝ていた毛が起きて通気性がアップします。ニオイ対策にも効果的ですよ。
ブラッシングするときは、ベタつきにくいブラッシングスプレーをかけるといいでしょう。極短毛種なら、ラバーブラシでもOKです。

足先が濡れたらW拭きとブラッシング

チワワのプリンちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

雨の中や雨上がりの道を散歩したあとは、ペット用のウエットシートで汚れを落としましょう。その後、タオルやペーパータオルで水分をしっかり拭き取ります。このとき、肉球の間の水分をオフすることも忘れずに。
さらにブラッシングで毛を根元から立ち上げるようにとかせば、より湿気がとびやすくなります。

全身が濡れたらドライヤーで冷風を

Mixのピースちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

全身が濡れるほどの雨や霧の中を散歩したあとは、タオルで押さえ拭きをして、ドライヤーの“冷風”を全身にまんべんなく当ててください。扇風機の前に愛犬を立たせて風を送ってもOKです。
体が濡れたまま放置すると、ニオイや皮膚病の原因となりやすいので、しっかりと湿気を除去しましょう。

足やおなかが泥だらけになったら汚れた部分にシャワーを

シー・ズーのmocoちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

拭いてもなかなか取れないほどの水や泥汚れが体についた場合は、シャワーで水洗いをするのが確実です。足まわりやおなかなど、汚れた部分だけにシャワーをかけ、指先で優しくこすりながら泥を洗い落とします。このとき、シャンプーは使わなくても大丈夫です。洗ったあとは、ドライヤーで毛をしっかり乾かしましょう。

お散歩後のお手入れをしっかりして、湿気の多い時期も楽しく快適に過ごしたいですね♪

参考/「いぬのきもち」2019年6月号『ジメジメ、ニオイ、カビに負けず、雨の日も快適な暮らしをしよう♪ 愛犬のための梅雨じたく』(監修:獣医師 英国APDT認定ペットドッグトレーナー Canine Relationz主宰 藤本聖香先生、一級建築士 トリマー トリミングサロン「HONDEHOK」運営 二村陽子先生)
文/小林けい
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る