1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. うちのコに限って…と油断は禁物!愛犬を「迷い犬」にしないために。

うちのコに限って…と油断は禁物!愛犬を「迷い犬」にしないために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめるトイ・プードル
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

「もしも愛犬が迷子になったらどうしますか?」

こういう問いかけをすると、「うちのコに限って……」「うちのコは大丈夫!」と断言する飼い主さんが意外に多いんです。

しかし、家の中でも外でも、何があるかわかりません。不測の事態に備えて、いつでも対応できるようにしておくことが、飼い主さんの責任です。

今回はドッグトレーナーの戸田美由紀先生に、迷い犬になってしまう原因についてくわしく解説していただきました!

迷い犬になるおもな原因は、「首輪抜けによる脱走」「パニックになる脱走」のふたつがあるのだとか。

下記で取り上げることをよく確認してみてください!

首輪抜けによる脱走の原因1:首輪がゆるんでいる

外飼いの場合も室内飼いの場合も、いちばん注意したいのが「首輪のフィット感」。首輪については、よく指2本分のゆとりといわれますが、個体差もあるので一頭一頭必ず確認して!

試したい首輪のゆるさ確認法は?

首輪

そこでおすすめしたいのが、首輪を装着し、リードをつけて前方に引いてみる方法。引いたときに首輪が耳のあたりまできてしまうほど隙間があったら、明らかにゆるすぎ。

上記のイラストのように、首から先にいかない程度のゆるみで締めるのがベスト! 

※トリミングしたあとや体重の増減で首回りのサイズも変化します。飼い主さんは、まめにチェックすることを習慣づけましょう。

首輪抜けによる脱走の原因2:首輪が傷んでいる

首輪は消耗品。どんなに丈夫なものでも、長く使えば傷んできます。とくに引きが強い犬の場合は、なおさらですね!

できれば、半年に1回くらいは首輪の点検をするのが安心。

チェックポイント1:縫い目のほつれ

縫い目のほつれ

布製の首輪の場合は、縫い目のほつれをチェック。たとえ小さなほつれでも、あっという間に広がり金具がはずれる恐れもあります。

チェックポイント2:素材の劣化

首輪の素材の劣化

しっかりとしたレザーの首輪も、劣化によって素材自体が弱くなります。

チェックポイント3:バックル部分

首輪のバックル部分

バックルタイプの首輪の場合、プラスチック製のパーツは差し込み部分が欠損すると、固定する力が弱くなるので注意です。

首輪抜けによる脱走の原因3:リードに問題あり

リードに関しては、次の3つのポイントを確認しましょう。

チェックポイント1:リードの強度

リードの強度

引きの強さに反してリードがきゃしゃなものだと、素材によってはちぎれてしまうこともあり、飼い主さんの負担も大きくなります。

チェックポイント2:持ち手の縫い目

持ち手の縫い目

持ち手の部分の縫い目がほどけた場合、引きが強いと縫い留めた部分がほどけてしまう恐れも。

チェックポイント3:金具の強度

金具の強度

リード側についているナスカン(下側)と呼ばれる金具ですが、ストッパー部分の押さえがゆるくなると、口が開きやすくなるので要注意!



「引きが強くて苦しそうだから……」といって、首輪やハーネスをゆるめに装着する飼い主さんがいます。しかし、まずは飼い主さんの横について歩けるように、飼い主さんともども練習することが解決の早道です!

そして、首輪やリードを購入する際は、ドッグトレーナーや専門店のスタッフさんなどに相談しましょう!

続いて、「パニックによる脱走」の原因と対策を見ていきましょう。

パニックによる脱走を防ぐために1:予測できる場合は対策をしましょう

迷い犬対策

社会性が不足している場合や、保護された野犬のなかには、音が苦手な犬がいます。

たとえば、雷や豪雨、風などの自然現象による音が長時間続く場合、パニックになってケージや部屋のドアを破壊して脱走してしまうケースも。

留守番時はとくに注意!

天気が怪しいときには、事前に天気予報を確認しましょう。もし雷雨情報が出ていたら……

・雨戸やカーテンを閉める

・サークルやケージからの脱走に備えて、部屋にカギをかける

・ケージに毛布などをかけて暗くする

・ラジオをつける



などして、対策をしましょう!

※ただし、症状は個体によって異なるため、過度に反応する場合は獣医さんなどの専門家に相談してください。

外飼いをしている犬の場合

避難した犬

愛犬を外で飼っている場合は、天候が回復するまで納屋や玄関の中などに一時的に避難させてあげて。

ただし周囲にものを置いたままにすると、ぶつかって壊したり、愛犬がケガをする場合があるので注意しましょう。

パニックによる脱走にならないために2:散歩や外出時に気をつけたい3つのこと

愛犬との外出は楽しみのひとつでもあり、同時にいちばん神経をつかうとき。不測の事態で愛犬が逃げ出さないように、飼い主さんは3つのことを注意してみてください。

注意1:靴選び

靴選び

ひとりで愛犬と外出するときは、できるだけ動きやすいスタイルを心がけましょう。「ちょっとそこまで」という場合でも、必ずスニーカーなどの動きやすい靴をはきましょう。

注意2:子どもの散歩

子供の散歩

小さい子どもだけの散歩は、リードを握る子どもにも危険が及ぶこともあるので、絶対におすすめしません!

注意3:置き去り

置き去り

たとえ短時間でも、愛犬を外につないだままその場を離れるのはやめてください! 最近では、連れ去り事件も報告されています。

見つめるパピヨン
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

日頃から以上のことを意識して気をつけていれば、愛犬が迷い犬になってしまうことを防げるでしょう。ぜひ覚えておいてくださいね!

出典/「いぬのきもち」2017年10月号『What's a wonderful world for 保護犬 今日から私にもできること』
(監修:DOG IN TOTAL主宰、日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る