1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬が一緒に寝たがる理由や注意点|別々で寝る方がいいってホント?

愛犬が一緒に寝たがる理由や注意点|別々で寝る方がいいってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが布団で寝ているときに、愛犬が潜り込んでくる理由をご存じでしょうか。今回は、犬が飼い主さんと一緒に寝たがる理由や注意点について取り上げ、犬と一緒に寝る「危険性」についてもあわせてご紹介します。愛犬との距離の取り方について、もう一度考えてみませんか?

犬はなぜ一緒に寝ようとするの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

多くの犬は、全身が包まれるような閉塞的な場所を、本能的に「安心できる場所」だと感じるそうです。四方八方から狙われるスペースがあるよりは、飼い主さんの布団の中に入って体が囲われている方が「絶対的に誰も入ってこない!」とわかって安心できるのでしょう。

さらに布団の中は暖かくて気持ちがよく、大好きな飼い主さんを間近に感じられるなど、犬にとって「よい条件」がそろいます。犬たちが自ら布団へ入り込むのも納得できますね。

布団の中に潜り込んで苦しくないの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「そんなに中に入り込んで苦しくないの?」と心配になる飼い主さんも多いでしょう。掛け布団の種類にもよりますが、比較的硬めで分厚い素材の布団であれば、少々中に潜り込んでもある程度の隙間ができるので問題ないようです。

また、布団は布や繊維でできているので、新鮮な空気が一切遮断されてしまうわけでもありません。命に関わるほど、酸欠になる可能性は低いでしょう。ただし、多少の息苦しさを感じる犬もいるかもしれませんね。

一緒に寝るときの注意点とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬と一緒に寝る際に注意したいのが、「下敷きにする」ことです。人は寝ている間に何度も寝返りをするため、これに愛犬を巻き込んでしまう可能性は否定できません。特に小型犬や超小型犬と呼ばれる犬種は、この被害に遭う危険性があります。密着して寝ると飼い主さんも犬も安心できますが、ある程度スペースを取った方が安全でしょう。

犬と人は、別々で寝るのがベスト?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬と一緒に寝ることは、決して悪いことではありません。しかし、圧死のリスクなどを考えると、別々で寝るのがベストだといえるでしょう。また、一緒に寝ることで、ノミなどの寄生虫を共有してしまう可能性も高くなります。

「分離不安症」を引き起こすことも…

いつも一緒に寝ている犬は飼い主さんへの依存度が高く、災害時などのどうしても別々でいなければならないときに、不安で体調不良を引き起こすケースもあります。また、留守番時などに吠え続ける「分離不安症」になってしまうこともあるといわれています。

「大切な愛犬と寝るときも一緒にいたい」という気持ちも理解できますが、お互いのためにも、ある程度の距離感を保つことは大切です。「うちに限ってそんなこと…」と思うかもしれませんが、犬と一緒に寝ていれば、どんなご家庭でもあり得ることです。ぜひもう一度、愛犬との距離感の保ち方について考えてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『愛犬が布団にもぐりこんで一緒に寝ているけど苦しくないの?【動物看護師が徹底解説!】』(https://pet.benesse.ne.jp/topics/dog/vapes005_201704.html)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る