1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. あの行動も好きだから? 日常に潜む愛犬からの“意外な好きサイン”

あの行動も好きだから? 日常に潜む愛犬からの“意外な好きサイン”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が見せてくれる「好き」という愛情表現の中には、「えっ?あの行動も…?」というような、ちょっとわかりにくいものがいくつもあります。そこで今回は、日常生活に潜む、犬の“意外な好きサイン”を5つご紹介します。意外すぎる犬の愛情表現に、キュンとすること間違いなしですよ!

① 飼い主さんの足元でフセ

柴犬①
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が飼い主さんに甘えたり、「なでて~」とねだったりすることもなく足元でフセをするのは、飼い主さんのことを信頼しているからこそ見せる、れっきとした“好きサイン”のひとつです。大好きな飼い主さんの存在をより近くで感じたくて、足元に寄り添っているのでしょう。

② 飼い主さんにお尻をくっつけてそっぽを向く

トイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は本来、信頼している相手にしか背中を見せない動物です。つまり、飼い主さんにお尻だけつけてそっぽを向いているのは、飼い主さんが犬にとって安心して背を向けられる存在だから。体の一部をくっつけることで、大好きな飼い主さんのぬくもりを感じリラックスしているのでしょう。

③ 名前を呼ぶと耳で返事をする

コーギー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩中やゴハン中など、犬が何かに集中しているときに声をかけると、耳だけ飼い主さんの方に動かして「聞いてますよ!」と返事をする……。一見、そっけなく感じるこのしぐさですが、「大きく反応しなくても、飼い主さんならわかってくれるよね!」そんな風に思っているからこそ見せるしぐさです。飼い主さんのことを信頼している証拠ともいえるでしょう。

④ 声をかけると、動かずしっぽを一振り

柴犬②
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

耳で返事をする犬もいれば、動かずにしっぽを一振りして返事をする犬もいます。これは飼い主さんとの間に強い信頼関係を感じ、気の置けない間柄だからこそできるしぐさです。人でいう“あうんの呼吸”のようなものでしょうか。飼い主さんのことが好きで、信じていることがうかがえる“好きサイン”ですね。

⑤ 飼い主さんから離れた場所で眠る

柴犬③
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんにくっついていなくても寝られるのは、犬に安心して休める場所を与えられている証拠です。犬は飼い主さんから与えられた居場所で、リラックスしているのでしょう。犬にとって快適な環境を与えてあげられている飼い主さんは、犬からの信頼も厚く、相思相愛の関係が築けているはずですよ!

そっけなく感じるしぐさや行動にも、犬の飼い主さんに対する「信頼」や「好き」の気持ちがこめられていることがわかりました。そんな犬のわかりにくい“好きサイン”にもきちんと応えられるよう、これからもしっかりと愛犬の様子を見ていてあげてくださいね◎

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 獣医学博士 増田宏司先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る