1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 冬に出没する「#ストーブ犬」かわいいけど、暖房を正しく使えてる?

犬と暮らす

UP DATE

冬に出没する「#ストーブ犬」かわいいけど、暖房を正しく使えてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になってきたから、暖房器具の前でぬくぬくしたい! それは、犬も同じなようです♡

Instagramで「#ストーブ犬」と検索すると、ストーブの前で気持ちよさそうにウトウトしちゃうワンコたちが、たくさん!

こんなふうに……♪

ストーブで温まるワイアーフォックステリア
@miho.e.m

「あったかいワン♡」

ストーブで温まるチワワ
@chie6_26

「ぬくぬく最高だよね」「そうだね」


ストーブをつけると集合して、一緒に仲良くぬくぬく……♪ やっぱり、冬は犬も寒いから温かさを求めているんですね!

毛布にくるまるパグ
@apo_chan1121

犬と暮らす家庭で、暖房器具を使う際に気になるのが「安全面」。今回は、犬と暮らす家の「暖房器具の注意点」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に解説してもらいました。

ぜひ、チェックしてみてください!

犬がいる家庭で、暖房器具を使うときの注意点

見つめるミニチュア・ピンシャー
@mallia.olive

まず当たり前のことですが、ヒーターやストーブ、電気カーペットなどの火の元に注意することが大切に。とくに愛犬をお留守番させるときは、電源を切るくらいにしたほうがいいですね。

低温やけどもよく起こすので、体に触れ続けるような電気カーペット、湯たんぽ、カイロなどを長時間使用するときは、注意が必要です。

床暖房や室内の乾燥にも要注意!

ほかにも、床暖房では熱中症を起こすことがあるので、「温かくない場所を確保する」ことが必要です。

また、室内の乾燥にも気をつけないといけません。濡れタオルや加湿器を利用しましょう。

どんな暖房器具だと事故が起こりにくい?

上記であげた注意点のように、それぞれに注意して使用すれば事故は起こりにくいです。

  • 目の届くところで使用する

  • こまめにスイッチを切る

  • 長時間使用するときは工夫する


などで、おおかたの事故は防げるでしょう。または、暖房器具ではないものを利用することによって、エコで安全に過ごせます。

毛布にくるまれるチワワ
@shiroma102

たとえば……

  • 敷物や毛布、クッションなどの素材を変える

  • 湯たんぽを使う


などといったことが挙げられます。湯たんぽはタオルや毛布でくるんであげて、直接肌につかないようにしてあげてください。

犬は暖房器具を、どのように認識している可能性がある?

ストーブで温まるカニンヘンダックスフント
@amekonko

自らストーブの前に行く犬が多いようですが、暖房器具としてはもちろん認識しているとは思えません。ですが、「近くにいると温かくて気持ちがいい」とは感じていると思います。

ちなみにですが、子犬や老犬、病気の犬は寒さを感じやすいと思いますし、原産国が暖かい国の犬種、シングルコートの犬種は寒いさに弱いといわれています。

ヒーターの前で眠る柴犬
@shiroshibakinako

暖房器具の注意点を理解し、正しく利用して、愛犬と一緒に寒い冬を乗り切りましょう♪


★Instagram、Twitterで「#いぬのきもち」「#いぬのきもち部」でご投稿いただいた素敵な写真・動画を紹介しています。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
参照/Instagram(@mallia.olive@miho.e.m@shiroma102@amekonko@shiroshibakinako@chie6_26@apo_chan1121
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る