1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】健康で長生きする犬、飼い方のコツは

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師が解説】健康で長生きする犬、飼い方のコツは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでも長く、愛犬と一緒に暮らしたい――。今回は、15才以上の長寿犬の飼い主さんが日々実践している“愛犬が長生きするための工夫”を、獣医師によるアドバイスとあわせてご紹介します。簡単に取り入れられるものもあるので、参考にしてみてくださいね!

食事回数を増やして体重をキープ!

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がシニア期に入り、食べ物を消化する能力が衰えてきたように感じたため、食事の回数を1日4回に増やして、消化しやすいように工夫をしました。そのおかげか、今でも体重もキープできていますし、食事量も変わりません。
(海ちゃん(16才)の飼い主Sさん)

胃腸への負担を減らすよい方法です(獣医師より)

1回の食事の量を減らして回数を増やす方法は、胃腸への負担が少なく、食事量も確保できるのでよい方法です。1回の食事を完食したらほめてあげるようにすると、愛犬の自信にもつながりますよ。

子犬のころからの“ほめ習慣”で愛犬のモチベーションをアップ!

ミニチュアダックスフンド
いぬのきもち投写真ギャラリー

子犬のころからたくさんほめるようにしてきました。そして現在は17才と高齢になり、できないことも増えましたが「たくさん食べたね」「よく歩いたね」など、些細なことでもほめて、愛犬のやる気を引き出すようにしています。
(ミックちゃん(17才)の飼い主Eさん)

これからも続けてほしい習慣です(獣医師より)

犬は仕事をするのが好きな動物なので、何かよい行動をした後にほめられることは、本能的にうれしいものなのです。生活にハリが出て、愛犬もイキイキするのでぜひ続けていってくださいね。

散歩後の温タオルマッサージで冷え対策!

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩から帰ったら、足拭きのついでに温かいタオルで肩や背中をマッサージしています。被毛や皮膚の清潔をキープできるのに加え、血行がよくなり冷えも解消。愛犬とのコミュニケーションにもなるので“一石三鳥”です!
(クッキーちゃん(17才)の飼い主Mさん)

病院でも取り入れているよい方法です(獣医師より)

温タオルマッサージはうちの動物病院でも行っています。タオルは冷めやすいので、洗面器に熱めのお湯を用意し、温め直せるように準備しておくとよいでしょう。

毎日の散歩に週2回の筋トレを継続中!

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

毎日欠かさず30分程度散歩をしていますが、週に2回は近所の海まで行って砂浜を歩かせます。不安定な砂浜の上を歩くことで筋力トレーニングになると聞いてから、ずっと続けている習慣です。
(びびちゃん(15才)の飼い主Sさん)

負担をかけ過ぎないよう継続するとよいです(獣医師より)

若いうちから筋力をつけると、将来足腰が弱りにくくなります。シニア犬になってからでも続けてほしいですが、負担をかけすぎないようにゆっくりと歩くようにしましょう。

ここでは、4人の飼い主さんが実践している“長生きの工夫”をご紹介しました。運動や食事の工夫、コミュニケーションの取り方など、飼い主さんが愛犬の健康長寿のためにできることはたくさんあります。愛犬と少しでも長く幸せな生活を送るためにも、できることから取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考/「いぬのきもち」2019年1月号『愛犬となが~く楽しく暮らしたいから。飼い主さんが実践している長寿犬のヒケツをのぞいてみよう!』(監修:キュティア老犬クリニック獣医師 佐々木彩子先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る