1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. それは盲点だった…犬が拾い食いしやすいものとそのリスク

犬と暮らす

UP DATE

それは盲点だった…犬が拾い食いしやすいものとそのリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に拾い食いをするクセがあると、万が一のことが気になりますよね。そんな犬の拾い食いグセは、どうやったら防げるのでしょうか?犬が拾い食いしやすいものや、拾い食いを防ぐために役立つトレーニング方法についてご紹介します。

拾い食いがもたらす体への影響

まぶしい顔の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が拾い食いをすると、その体にはどのような影響があるのでしょうか。

たとえば、ほかの動物の便などを食べてしまうと、寄生虫や回虫から感染症にかかる危険性があります。また体質に合わないものを口にすると、嘔吐や下痢の症状が出ることも。口にしたものが犬にとって毒性のあるものや、喉に刺さると危険なものの場合は、体調を崩すだけでなく命にかかわることもあるでしょう。

以下のようなものは、犬が拾い食いすると体調不良を起こすなどの危険性があるので、注意してください。

犬が誤飲をすると危険なもの

  • 普段食べなれない食べもの

  • 腐っている食べもの

  • 犬にとって毒性のある食べもの

  • 他の動物の便

  • 食べもの以外の体内に刺さると危険な物質 など


これも危険!身の周りにある誤飲しやすいものとは?

お手をするトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はおいしそうなニオイがするものや、遊び道具として興味をひくものを拾い食いしやすい傾向にあります。室内外では、以下のようなものが拾い食いされてることがあるようです。いずれも、体調不良などを引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

室内で犬が拾い食いしやすいもの

  • 飼い主さんが使用したティッシュ

  • 子供用のおもちゃ

  • クッション

  • 使い捨てカイロ

  • 食べものに付いていたひも

  • カニやエビなどの甲殻類の殻 など


屋外で犬が拾い食いしやすいもの

  • 釣り針

  • 道端の小石

  • ガラスの破片

  • 小動物の死骸 など


拾い食いをやめさせるためのトレーニング方法

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の拾い食いは、しつけで直すことができます。

犬が好きなおもちゃで遊んでいるときに、飼い主さんが手におやつをもってニオイを嗅がせ、おもちゃとおやつを交換してください。これができるようになれば、危険なものに興味を示しても、おやつと交換して拾い食いを防止することができるでしょう。

拾い食いしたときはどう対処すればいい?

走るシェルティー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

まずは「なにを」「どのくらい」飲み込んだのか、状況を確認してください。そして危険性の高いものを拾い食いした場合は、事前に動物病院へ電話をかけて、状況を説明しておくとよいでしょう。このとき、焦らずに状況を説明することが大切です。危険な状況だからこそ、落ち着いて行動するように心がけましょう。

1才半までに拾い食いしない犬は、成長しても拾い食いをすることはほとんどないそうです。何にでも興味を示す子犬期にしっかりしつけて、拾い食いしない犬に育てましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE|【獣医師監修】犬はなぜ拾い食いをするの?しつけで防ぐ方法とは

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師監修】犬はなぜ拾い食いをするの?しつけで防ぐ方法とは』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る