1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ストレス
  5. すこやかな「犬生」を送るために知っておきたい ストレス解決法(子犬期編)

犬と暮らす

UP DATE

すこやかな「犬生」を送るために知っておきたい ストレス解決法(子犬期編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬期に感じやすい犬のストレスは?

犬は人に合わせて生活するなかで、飼い主さんが思う以上に多くのストレスを感じています。
『いぬのきもち』2016年10月号では、愛犬が感じやすいストレスを、年代別・犬種別に取り上げています。

今回はその中から、子犬期(前期~中期/0~7カ月頃まで)の犬がとくに感じがちなストレスをご紹介します!

新しい環境へのストレス

子犬は今までいた環境から離れて、飼い主さんのもとへやってきます。
飼い主さんにとってはいつもの家でも、子犬にとってはまったく知らない場所。突然新しい環境に囲まれ、子犬にとって大きなストレスに!

こうしよう!
……食べ物に困らず、楽しくて安心できる場所と伝える

子犬を迎えたら、まずは新しい環境にいいイメージをもたせます。
寝る→食べる→遊ぶことを繰り返させ、この家は食べるものに困らず、安心できる楽しい場所だと伝えて。

リードで行動を制限されるストレス

愛犬との暮らしにはリードは欠かせないものですが、犬にとっては、行動を無理やり制限されるやっかいな存在。慣れないうちは苦痛に感じることも。

こうしよう!
……リードをつけた状態でおやつをあげる

犬にリードをつけた状態で、手からフードを与えてみましょう。
「リードがついているといいことがあるんだ!」と覚え、嫌になりにくくなります。

突然の大きな音や苦手な音へのストレス

犬は人より聴覚がすぐれているので、突然の大きな音はとっても苦手。
とくに雷や電車の音など、振動も伴うものは脅威に感じ、震えることも。

こうしよう!
……おやつを食べさせながら小さい音から慣れさせる

CDやスマホなどに、車のエンジンや雷、掃除機の音など、慣れさせたい音を録音。
犬におやつを食べさせながら音を流し、音量を徐々に大きくして慣れさせて。

音に敏感な、気をつけたい犬種
……ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、シェットランド・シープドッグ、日本犬系、ミックスなど

いかがでしたか? 
このほかにも「いぬのきもち」2016年10月号『すこやかな「犬生」を送るために知っておきたい ストレス解決法』では、今回ご紹介した子犬期の困りごとのほか、成犬期、シニア犬期の犬が感じやすいストレスなども解説しています。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る