1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. <PR>夏は夕方からが楽しい♪昨年好評だったナイトドッグプールを今年も開催!

犬と暮らす

UP DATE

<PR>夏は夕方からが楽しい♪昨年好評だったナイトドッグプールを今年も開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内最大級のドッグランや広々遊べるドッグプールが人気の「わんダフルネイチャーヴィレッジ」では、9月1日(日)までの金・土・日曜日と8月12日(月)~14日(水)限定でナイトドッグプールを開催中! 気温が高くなる日中を避けて、愛犬を外で思いきり遊ばせてあげたいと願う飼い主さんはぜひチェックして!

▼愛犬が大はしゃぎ♪ 昨年好評のナイトドッグプールを今年も開催!

くわしくはこちら

夕方からのドッグプールなら、暑さを気にせず大はしゃぎ♪

通常17時までのドッグプールが17時15分~20時に利用できる「わんダフルネイチャーヴィレッジ」のナイトドッグプール。涼しくなる夕方から愛犬を遊ばせてあげられるのがうれしいですね。

料金は愛犬1頭につき1000円とリーズナブル(付き添いは大人400円、小学生200円)。駐車場も17時以降は無料だからおトク感たっぷりですね!

期間は9月1日(日)までの金・土・日曜日と、8月12日(月)~14日(水)の限定。夏の週末や休暇を、愛犬と一緒にのんびり楽しみたい飼い主さんにぴったりですね。

プールは2種類。大型犬も小型犬も遊べます

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」のドッグプールは2種類あり、どちらもナイトドッグプールの対象。

面積280㎡と広い「ドッグビーチ」は、水深の浅い水際から奥に行くほど深くなる造りで、最も深い場所では水深60㎝に。小型犬はもちろん、大型犬もじゃぶじゃぶ遊べそうですね。噴水や流れ落ちる滝の演出も楽しめます。

プールサイドにはベンチがあり、愛犬をすぐ近くで見守れるのも安心できるポイントです。

「ドギーズプール」は、最深部が水深30㎝の遠浅式。8kg未満の小型犬専用だから、小さな愛犬を安心して遊ばせてあげられます。わんちゃんの足跡をモチーフにした形がキュートですね。


愛犬が安全に遊べるように、利用ルール・マナーはしっかり守って

冷たくて気持ちがいいプール遊び。ついつい夢中になりがちですが、愛犬の健康を守るためにも、15分に一度はプールから出して体調チェックをしましょう。

また、「わんダフルネイチャーヴィレッジ」では、入園時に「狂犬病予防接種注射済」証明書と3種以上の「混合ワクチン予防接種証明書」(いずれも接種日より1年以内 ※1)の提出が必要です。

どちらも愛犬を守るためのルール&マナーだから、しっかり守って安全に遊びたいですね。

※1:ただし、病気などの理由でワクチンの接種ができない場合は、医師から交付された免除の証明書を持参

屋根つきドッグランやカフェレストランなども利用できる

ナイトドッグプールでは、施設内にある屋根つきドッグランでも遊ぶことができます。急な雨や、プールで体が冷えてしまった場合でも、愛犬を遊ばせてあげられる場所があるのはうれしいですね。

ほかに、カフェレストラン「AZEKIRIあぜきり」とコミュニティエリアも利用が可能。「AZEKIRIあぜきり」は愛犬の同伴OK。店内の柱やテーブルにはリードフックがついているので、愛犬と一緒に食事も楽しめます。

併設のキャンプエリアで手軽に本格アウトドアもおすすめ

施設内にはBBQ広場やオートキャンプ場も併設(予約制)されています。BBQセットやテントなど必要な道具を借りることができるから、手軽にアウトドア体験できると好評。

せっかくなら、ナイトドッグプールを楽しんだあと、愛犬とテントで一泊して、翌日ものんびり過ごすなんて楽しみ方もいいですね。


暑さを気にせず、愛犬をたっぷり遊ばせてあげられる「わんダフルネイチャーヴィレッジ」のナイトドッグプール。日中は気温が高くて思うようにお出かけできない夏、愛犬と一緒に楽しめる貴重なレジャーにぜひ訪れて!

夏は夕方からのアウトドアが楽しい!期間限定のナイトドッグプール

くわしくはこちら

提供/東京サマーランド
撮影/秋馬ユタカ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る