1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の「老い」について、もっておきたい飼い主の心構え3つ

犬と暮らす

UP DATE

犬の「老い」について、もっておきたい飼い主の心構え3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬とともに過ごす月日が流れ、愛犬のライフステージが変わり「あれ?急に老化が進んだかも?」と思ったとき、飼い主さんは寂しい気持ちを感じてしまうもの。この記事では、犬の老いに対する心構えをご紹介します。

犬は7歳から老化が進んでいく

おはよう!の笑顔
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が7歳を迎えてシニア犬になった頃、見た目は元気でも、体の老化は進んでいきます。

犬の老化現象としては、
食欲にムラが出る/体力低下/寝る時間が増える/行動が活発でなくなる/目が見えにくくなる/耳が遠くなる/筋力の衰え/関節の痛みやこわばり/段差が越えられなくなる/体調不良を起こしやすい/腫瘍ができやすくなる/気候の変化に弱くなる/トイレの失敗 などがあります。

しかし、老化と病気との区別は難しいため「あれ?いつもと違う?」と愛犬の変化に気が付いたら、かかりつけの獣医師を受診することが大切です。

シニア犬と暮らす心構え1:病院に通うことが多くなる

これから診察、ドキドキ。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

年を重ねたシニア犬は、動物病院を受診する頻度が高くなっていきます。病院に連れて行く頻度が多くなると、治療費が多くかかる心構えも必要です。

シニア犬と暮らす心構え2:お散歩の途中で歩けなくなることも

クンクン♪お散歩中
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

若い頃はグイグイ引っ張ってお散歩していた犬も老化が進むと、疲れやすくなる、急に立ち止まって動かなくなる、段差を嫌がるなど、お散歩の途中で歩けなくなることもあります。

愛犬の体力の衰えを感じたら、お散歩コースの見直しをしたり、万が一の際に家族や動物病院に連絡できるように、携帯電話を忘れずに持っておくと安心です。

シニア犬と暮らす心構え3:室内でのサポートが必要になる

犬の老化が進むと、室内でも日常生活のサポートが必要になってきます。

寝て過ごす時間が多くなった場合は、床ずれができないように寝返りをさせる、食事が食べやすいように工夫をする、トイレの体勢が崩れないようにそっと体を支えてあげる、オムツを使用するなどのケアをしてあげましょう。

人間も犬も「老化」は、自然なことです。平均寿命や老化の仕方、かかりやすい病気は、犬種やその犬の状態によっても異なるので、老化が進む前に獣医師に相談しておくと、病気の早期発見にもつながります。日頃から、愛犬の様子を気にかけてあげることが大切です。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る