1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 実は飼い主への愛情という犬のしぐさは? 上手なお返事法も♡

犬と暮らす

UP DATE

実は飼い主への愛情という犬のしぐさは? 上手なお返事法も♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全身を使って飼い主さんへの愛情を表現してくれる犬たちですが、ときどきそっけない態度をとることもありますよね。しかしそれ、実はちょっとツンデレなだけかもしれません。
ここでは、ツンデレな行動に隠された犬の気持ちをご紹介! もっと仲良くなれるお返事の仕方も教えちゃいますよ♡

飼い主の足元で伏せているときは……?

2匹で伏せ♡こたろうくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの足元で愛犬が静かに伏せているときは、飼い主さんを信頼し安心している証拠です。大好きな飼い主さんの存在を近くに感じながら、リラックスしているのでしょう。

そんなときは名前を呼んだり、優しく声をかけてあげたりすると、愛犬との信頼関係がさらに深まります。なお、足元での「フセ」は、散歩や外出先でも役立つ行動なので「イイコだね~」とほめてあげるのもよいでしょう。

飼い主さんが帰宅しても反応がないときは……?

冷たくてきもちいいな~♡コタローくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんが帰宅すると大喜びで玄関まで迎えにいく犬がいる一方で、飼い主さんの帰宅にまったく反応しない犬もいます。

愛犬が飼い主さんの帰宅に無反応なのは、「この先にもっと楽しい時間が待っている」や「テンションを上げるのは今じゃない」などと理解しているから。決してうれしくないわけではないのです!

愛犬ともっと仲良くなるためには、帰宅後の用事が済んだら、大人しく待っていられた愛犬への感謝を込めて、散歩に行ったり遊んであげたりしましょう。

抱っこをすると身じろぐときは……?

だっこ大好き♡クッキーくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

抱っこの際に愛犬が身じろぎ、落ち着かない様子のときは「抱っこが嫌なのかな?」と思いがちです。

しかしこれは、「体勢を立て直してもっと抱っこされたい」という犬の気持ちの表れの場合も。飼い主さんの抱っこが大好きな犬によく見られる行動です。

そんなときは、愛犬の甘えたい気持ちに応え、優しく声を掛けながら抱っこしてあげましょう。愛犬は抱っこに安心し、もっと飼い主さんのことが好きになるはずです。

犬の行動は奥が深い……♡

笑顔のハッピーくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬のそっけない態度に対し、切ない気持ちを抱える飼い主さんもいるかもしれませんが、実はちょっとツンデレなだけで、飼い主さんに対する愛情を表しているケースもあるようです。

愛犬とのよりよい関係を築くためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医学博士 獣医師 増田宏司先生)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る