1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 多頭飼い
  5. 「犬の目線より低い位置に座るのはNG?」「犬は順位づけする?」気になる噂を解説!

犬と暮らす

UP DATE

「犬の目線より低い位置に座るのはNG?」「犬は順位づけする?」気になる噂を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を飼っていると、さまざまな情報を耳にすることが多いでしょう。中には根拠などがよく分からないため、しばしば真偽が不明なものも。そこで今回は、犬との関係性に関する気になる噂について、くわしく解説します。

犬より低い目線に座るのはよくないって本当?

イタリアン・グレーハウンドのくうちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬より低い高さに座ると、犬に自分より下だと思われるため、しないほうがいいという説を聞いたことがある方も少なくないかもしれません。
しかし基本的に目線の高さだけで犬との関係性が決まることはないため、気にする必要はないようです。
一方で、飼い主さんの目線よりも犬の目線が上にくるような高い場所に座らせることは、上り下りで体に負担がかかったり、落ちてケガをしたりするおそれがあります。その意味では、避けたほうが無難だといえるでしょう。

犬は家族に順位をつけるの?

柴犬のナナちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は誰がリーダーかを察して家族に順位をつけるといわれていますが、そんなことはありません。
「甘えたい人」「ちょっと怖い人」など、家族一人ひとりへの好きや苦手はあるものの、それは必ずしも順位に結びつくわけではないようです。
そのため、「甘えられやすいから、順位が下に見られているのかな?」と気にする必要はないでしょう。人の家族の関係に近いと考えてもいいかもしれませんね。

多頭飼いをすると、先住犬が後輩犬をしつけてくれる?

仲良し家族
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

あとから新しい犬を迎えた場合、先住犬が後輩犬をしつけてくれることがある、という説もあるようですが、基本的にはないと考えたほうがよいでしょう。
犬が犬をしつけることはなく、仮にしつけたように見えたのなら、それは後輩犬が先住犬のマネをしただけだと考えられます。
犬同士の相性が悪い場合、お互いの存在がストレスになってしまうおそれもあるため、多頭飼いは慎重に検討しましょう。

どんなときでも先住犬を優先するべき?

仲良しな二匹
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

多頭飼いをした場合、先住犬を優先したほうがいいと聞くことも多いでしょう。
しかし犬同士の関係は自然に決まることが多いため、飼い主さんがそのように決める必要はありません。
お世話は、可能なら平等に行ってあげるのがよいでしょう。互いの犬が嫌がらないことを重視し、場面に応じて対応してあげてくださいね。

家族や同居犬との関係性について、噂とは異なることがいくつもありました。気になる話を聞いたら、うのみにせず一度その情報の根拠などを調べてみることが大切です。情報をしっかりと見定めて、愛犬と心地よい関係を築くためのヒントにしてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2019年4月号『気になるあの“しつけのうわさ” ウソ?ホント?を判定!』(監修:犬のしつけ教室DOGLY代表 日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 荒井隆嘉先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る