1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬は人を幸せにしてくれる! 理由は「オキシトシン」にあった

犬と暮らす

UP DATE

犬は人を幸せにしてくれる! 理由は「オキシトシン」にあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と一緒にいると、なんだかハッピーな気持ちになりますよね。実は「犬がいると幸せ」と感じるのには、科学的根拠があったのです! そこには「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが深くかかわっていました。犬と一緒にいるときにオキシトシンがもたらす効果を探ります!

絆を深めるホルモン「オキシトシン」って?

笑顔がかわいい柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

オキシトシンとは、脳内で分泌されるホルモンのひとつ。オキシトシンは人にさまざまな効果をもたらしますが、中でもとくに「絆を深める」というはたらきが注目されています。この効果は人だけでなく、犬でも同じと考えられているのです。

飼い主さんと愛犬が見つめ合うと、両者の脳内でオキシトシンが分泌されます。オキシトシンは互いの絆を深めるほか、安らぎのホルモンを分泌させたり、不安や恐怖を抑えたりもしてくれるそう。
犬と一緒にいると、そのようなオキシトシンの効果を実感できるため、結果として幸せを感じるのでしょう♪

オキシトシンが人にもたらす効果の一例

  • 相手との絆を深める
  • 安らぎのホルモンである「セロトニン」の分泌を促す
  • 学習能力や記憶能力の向上
  • 不安や恐怖感の軽減
  • ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を抑える など

オキシトシンが分泌される仕組み

飼い主さんを振り向くポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんと愛犬が見つめ合うと、オキシトシンはどのように分泌されるのでしょうか? そのメカニズムは次の通りです。

  1. 愛犬が飼い主さんを見つめる……オキシトシン分泌のポイントは、愛犬から飼い主さんを見つめること。信頼関係が大切です。

  2. 飼い主さんの脳内でオキシトシンが分泌される……犬から見つめられると、飼い主さんの脳でオキシトシンが分泌されます。これが脳内や脊髄などにわたって作用します。

  3. オキシトシンの効果で愛犬とスキンシップする……飼い主さんは愛犬との絆をさらに深めようと行動し、愛犬を抱っこしたりなでたりとスキンシップをはかります。

  4. 愛犬の脳内でオキシトシンが分泌される……抱っこされたりなでられたりすると、愛犬は飼い主さんの体温を感じ、それが刺激となって脳内でオキシトシンが分泌されます。心が安らぎ、絆もいっそう深まるでしょう。

犬はそこにいるだけでみんなをハッピーにしてくれる!

幸せそうな寝顔の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

たとえ嫌なことやつらいことがあった日でも、愛犬がそばにいると心が癒される人も多いのではないでしょうか。犬はただそこにいるだけで、まわりの人をハッピーな気持ちにしてくれるような存在。見つめ合うとオキシトシンが分泌されるといった根拠からも、「犬といるだけで幸せを感じる」ことが科学的に証明できるでしょう♪

参考/「いぬのきもち」2020年11月号『「犬がいると幸せ」の法則。』(監修:東京都立大学名誉教授 放送大学客員教授 「人と動物の関係学」研究会代表 星旦二先生、麻布大学獣医学部動物応用科学科介在動物学研究室教授 獣医学博士 菊水健史先生)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る