1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. その他
  4. 会陰ヘルニア(オス)[えいんへるにあ(おす)]

その他

UP DATE

会陰ヘルニア(オス)[えいんへるにあ(おす)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会陰ヘルニア(オス)の症状と治療、予防方法

解説

会陰部(肛門の周囲)に腸や膀胱が押し出される病気で、肛門周囲の左右いずれか、あるいは両方が大きく盛り上がります。シニア犬のオスのほか、未去勢の犬、吠えグセのある犬に多い病気です。加齢でこの周辺の筋肉が衰え、排便時に圧力がかかることが原因のひとつです。放置しておくと便や尿が出にくくなることがあります。

会陰ヘルニア(オス)の治療

飛び出した臓器を元の状態に戻し、筋肉のすき間をふさぐ手術を行います。未去勢の場合は再発しやすいため、去勢手術をすすめています。

会陰ヘルニア(オス)の予防

去勢手術によって、会陰ヘルニアの発症率が下がります。

CATEGORY   その他

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「その他」の新着記事

新着記事をもっと見る