1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. その他
  4. 凍傷[とうしょう]

その他

UP DATE

凍傷[とうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凍傷の症状と治療、予防方法

解説

非常に寒い場所に長時間いることで、皮膚組織が破壊され、赤く腫れたり青白くなります。ひどくなると、その部分の感覚がなくなり、壊死することもあります。耳の先やしっぽ、足の先などに多いです。

原因

長時間寒い屋外につなぎっぱなしにしたり、寒い中強引に散歩に連れ出したりすることによって起こる。

症状

患部の血流が滞るため、変色したり、水泡ができたり、ひどい場合には壊死をすることがあります。

凍傷の治療

毛布などで犬を包んで温めたり、ぬるま湯で温めます。壊死している場合は、その部分を手術で切断することもあります。

凍傷の予防

極寒の中に長時間いさせないことが予防になります。

CATEGORY   その他

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「その他」の新着記事

新着記事をもっと見る