1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. チェリーアイ[ちぇりーあい]

UP DATE

チェリーアイ[ちぇりーあい]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チェリーアイの症状と治療、予防方法

解説

目頭にある第三眼瞼腺が反転して外側に飛び出す病気。赤く腫れ上がってさくらんぼ(チェリー)のように見えるため、チェリーアイと呼ばれています。ビーグル、コッカー・スパニエル、ペキニーズなどの犬種では、先天的にこの病気を発症することが。角膜炎や結膜炎を併発する場合もあります。

原因

先天性のものと外傷などによる後天性のものに分けられます。ビーグル、コッカー・スパニエル、ペキニーズなどは先天的に発症しやすい犬種です。後天性の原因は外傷や炎症があげられます。

症状

目頭にある第三眼瞼が外側に飛び出します。その様子がさくらんぼのように見えるのでチェリーアイと言われます。

診断

飛び出した第三眼瞼から判断します。

なりやすい犬種

ビーグル、コッカー・スパニエル、ペキニーズ

チェリーアイの治療

第三眼瞼腺を元に戻す手術を行います。

チェリーアイの予防

予防は難しいですが、日々愛犬の目を注意して見ましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る